« iPhoneからUP | Main | バネルのプレゼント »

November 23, 2012

楽健法

店が終わってから、友達のセンちゃんが来て体をグイグイ踏んでもらった…なんて書くと、何だろう?って思う方がいるかもしれない。
これは楽健法と言って、手足のつけねを足で踏み合う健康法のひとつ。
奈良にある真言宗のお寺の住職さんが考案した自然療法だ。
実際に寝っころがって踏まれるに任せていると、今まで無自覚だった体の深部のコリを痛い!と叫びながらも次々に発見していく。
そして終わった頃には全身の気のめぐりがよくなって、ああ気持ちよかった~となっていく。
楽健法を学び、セラピストの資格をとったセンちゃんの足の裏は私のコリをつかんで離さない。
よく足の裏でこんなシグナルをキャッチできるなぁと驚いてしまう。
今日で二回めのセンちゃん施術。やってもらいながら、あれこれ話をするのも楽しい。体を預けるということは、相手を信頼するということなので、自然と心も開かれていく。
感覚が似ている友達だから、その時々で感じていることがお互い素直に伝え合える。
私はご飯をセンちゃんに、センちゃんは私に楽健を、それぞれできることを交換し合って、一緒に楽しい時間を過ごせた。
いつか古民家で楽健法の勉強会とランチを組み合わせた集まりをやれたらいいな。
1353682258824.jpg

|

« iPhoneからUP | Main | バネルのプレゼント »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 楽健法:

« iPhoneからUP | Main | バネルのプレゼント »