« 天のしずく~辰巳芳子いのちのスープ~ | Main | 柚子釜 »

November 14, 2012

にんにくの植え付け

さつま芋を掘り上げるのが遅くなってしまったので、今年はにんにくの植え付けが間に合わないんじゃないかと諦めていた。でもまだにんにくが売っていたので、嬉しくなってさっそく植えることにした。
さつま芋の植わっていた場所を鍬で耕しながら、もみ殻くん炭を混ぜ込んで行った。そして畝を立てて、一粒づつバラバラにしたにんにくを植えて行った。国産無農薬にんにくが収穫できるなんてなんという贅沢!にんにくは畑に滞在する時間が長く、今植えても収穫できるのは来年の6月頃。生育に時間がかかる野菜は私のような素人ファーマーには難易度が高い。でもなぜか今年も去年もにんにくはちゃんとできた。決して大きな玉とは言えないけれど、しっかりと瑞々しさと香りを持った美味しいにんにくだった。
今年の残りの畑仕事はヤーコンを掘ること、北側に残っているさつま芋を掘ること、そして篠竹を切りそろえることだ。農家さんに教えていただいたのだが、根が蔓延ってどうしようもない篠竹だが、冬になる前に幹を短めに切っておけば、翌年、あまり伸びないそうだ。
去年も今頃の時期に、篠竹を刈りこんでおいた。相変わらず縦横無尽に根っこが伸び放題だが、確かに一昨年よりは根の張り方が弱くなってきたように思う。人が土を耕すことによって、少しずつ荒れていた土が肥沃な畑へと変わっていくのだろう。まだまだコンディションがいいとは言えないけれど、引っ越してきた当初に比べたらかなりふかふかの土になってきた。
若い頃からお世話になっているヨコヤマさんが今日、初めてビオンに来てくれた。ヨコヤマさんが来る時間に合わせて畑仕事を切り上げビオンに行った。私の作ったさつま芋もほんの少しお裾分けした。ちょうどお客様が引けたところだったので、ヨコヤマさんと同じテーブルについて、あれこれお話した。いつお会いしてもダンディで社交的な方だ。学生時代のヘナチョコな私のことも知っているし、いろいろご指導いただいので、今、こうしてお友達のように対等にお話していることがウソみたい?だが、お会いする度に楽しくていつも話が尽きない。
私が「ヨコヤマさんってお父さんみたい」と言うと、「その年齢で娘だなんて図々しすぎる」と真剣に?怒る。お父さんでも彼氏?でも友達でも何でもいいから、いつまでも楽しく会い続けられる人がいるって幸せだ。
Dscf8180


|

« 天のしずく~辰巳芳子いのちのスープ~ | Main | 柚子釜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/56112640

Listed below are links to weblogs that reference にんにくの植え付け:

« 天のしずく~辰巳芳子いのちのスープ~ | Main | 柚子釜 »