« ヤーコン登場! | Main | フライド菊芋 »

December 15, 2012

厨房の水びたし!

厨房の流しの配管から水が漏れていた。買い置きのビニールテープで補修したのだが、いつまでたっても水が止まらない。よく見ると配管そのものにも亀裂が入っているようだ。それに流しのゴミ受けの部分から水がうまく流れないのだ。配管の途中に何か詰まっているのかもしれない。
今までも蛇腹の部分が詰まった時は自分で外して外から長いワイヤーのようなもので流れをよくしてきた。水漏れもたいていはビニールテープで補修できた。でも今日のはなんだか様子が違う。そのうち水を流すたびに配管のあちこちから水が漏れてくるようになって、あっという間に厨房は水浸し。
せっかく足場板をしきつめ、その上からいらない絨毯と竹のセンターラグを敷いて、今年は足元が少しは温かくできそうだったのに、流れてくる汚水はあっという間に足場板を浸透し、竹のセンターラグまでびしょびしょに濡らしてしまった。
朝から1時間ほどかけて格闘したのだけれど時間切れ。定食の支度もしなければ。もうこの際、水浸しでもいいかとあきらめて、そのまま調理に入った。一面水浸しで、足場板がぷかぷか浮いているような状態。
これはもう素人には手がつけられないなと水道屋さんに電話したのだけれど、今日明日はお葬式が入ったとかで月曜日になるという。ああ、この土日、水浸し状態で仕事するのか・・・とがっくり。
仕方なく厨房の床に唯一あいている排水用の穴があったので、そこをあけて、床に水がたまるたびにブラシで流しながら仕事をした。
ライフラインの故障は本当につらい。かなりがんばってがんばってできることはやってきたつもりだけれど、やはり専門的なことまではわからない。もうイヤって叫びたい所だったけど、そんなイライラした気持ちのまま仕事をするのは絶対によくないし、何か他のミスまで引き起こしてしまいそうだったので、ブラシで水を流しながら(全て流れるというわけではないけれど、やらないよりはマシという程度)、「この機会に床にブラシがかけられてよかった。ありがとう!」と言いながら、心を落ち着かせながら仕事をすることにした。
それにしてもこんな状態の厨房でご飯作っているなんて・・・すごいな。古民家生活って!
今日届いた「パーフェクトガイド房総半島」(マガジントップ)の農園レストランのコーナーに掲載されました。本屋さんにあったらお手に取ってご覧になってくださいね。
Img_0329


|

« ヤーコン登場! | Main | フライド菊芋 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/56324181

Listed below are links to weblogs that reference 厨房の水びたし!:

« ヤーコン登場! | Main | フライド菊芋 »