« 霜柱ぎっしり | Main | ヤーコン登場! »

December 13, 2012

ナンとカレー

生活クラブの本選びの会の集まりがあって新宿の連合会に行ってきた。うっかり食事をするタイミングをはずしてしまったので、3時頃になってお腹がすいてきた。歩きながら、こんなところにカレー屋さんがあるんだなと見ていたら、いきなり中からドアが開いて「いらっしゃいませ〜」とインド人。
いつのまにか店に招き入れられて席に着いてしまった。お腹もすいていたので、そのまま座ってナンとカレーのセットを注文した。ナンとサラダはおかわり自由。と言ってもナンはとても大きいので、食べたかったけれど入らなかった。これにマンゴラッシーまでついて900円。都内でこんな値段でやっていけるのかなと心配になってしまう。でもスパイスが効いていて美味しかった。風楽のカレーもスパイスを調合して作っているけれど、インド人みたいに中身によってスパイスの調合をアレンジするのはまだまだ未知の世界。
行き帰りの電車の中で『呼吸ひとつで「怒り」「イライラ」がすっと消える本』宝島社)を読む。怒るから呼吸が乱れるのではなく、呼吸が乱れているから怒りやイライラとした感情に振り回されるのだという着眼点から、深い腹式呼吸で気持ちを整えていくようアドバイス。簡単な内容で腹式呼吸をもっともっと生活の中に意識的に取り入れようということのようだ。
私もヨガを始めて以来、自分の呼吸の浅さを痛感している。意識しなければ中々お腹の底まで息を吐ききっていないのだ。そして入ってくる息も胸の辺りで留めてしまっていることが多い。だから一人で行う瞑想の時間には気持ちをそこに集中させるというよりも、ただひたすら呼吸することだけに意識を向けるようにしている。
私は嬉しい楽しいという感情は大歓迎で素直に表現したいと思っているけれど、怒りやイライラというマイナスの感情はできることなら手放していきたい。だから心がザワザワと波たつような時はゆっくりと腹式呼吸をするようにしている。
うまく取り入れていくことによって、冷え性や便秘、高血圧や低血圧の改善、さらにはダイエットにもつながると書かれていた。瞑想もヨガも座禅も呼吸法も目指していく山は一つなのだろう。
食べ物、心、体、自然・・・自分にとって大切にしたいものはみんなつながっている。


Img_0321

|

« 霜柱ぎっしり | Main | ヤーコン登場! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/56313003

Listed below are links to weblogs that reference ナンとカレー:

« 霜柱ぎっしり | Main | ヤーコン登場! »