« 農村カフェnora | Main | 国産無農薬なたね油 »

January 25, 2013

タウン誌の座談会

エリート情報が発行しているカラーグラビア誌「LOCOL」の4月号は「健康特集』。食やフィットネスの分野から、現代人の健康について、それぞれ専門家からのアドバイスを記事としてまとめるそうだ。その中で食の観点から、あいりん堂さんと漢方薬剤師の佐藤成志先生、そして私の三者で座談会をするという企画をいただいた。
場所はガーデンビオン内に新しくできた平屋のモデルハウス。私も初めて中に入ったけれど、外から見るより中はずっと広く、室内には階段があって中2階のお部屋まであった。
木のぬくもりたっぷりの明るいリビング。テーブルの上にはスィートピーやカゴに入った野菜たちが並べられていて、春の特集にピッタリなテーブルティングができていた。
座談会は編集部の方が司会をしながら、健康のためにどのような食事がいいか、まずは何からスタートさせればいいか、春という季節の変わり目に気をつけることなど、質問に答える形で進行していった。地元でも定評のあるタウン誌のカラーページの中で穀物菜食やマクロビティック、自然治癒力などの話題を取り上げていただけるなんてとても嬉しい。
佐藤先生は毎月一回、あいりん堂さんで食をテーマにした健康指導の勉強会をやっていらっしゃる。かつて西洋医学の薬剤師だったが、食事や薬草などから人の体がどんどん健康になっていくことに気付き、今では薬の処方をいっさいせず、漢方薬と食事を中心とした健康相談をしていらっしゃる。
80歳に近いというのに、背筋がピンと伸びていてお顔もつやつや。とてもお元気で病気もほとんどしないそうだ。大切なポイントは佐藤先生がほとんどお話してくださったので、私は腸内環境を整えるために発酵食品を積極的に食べること、身の回りの野菜を摂ること(身土不二)、季節の野菜を中心に摂ること、調味料を本醸造のものに切り替えていくこと、雑穀をご飯に入れて炊くだけでなく、おかずとしても積極的に使っていくことなど、日頃の実践についてお話させていただいた。
カラーページなのではっきり自分の顔が出るのが怖い?けれど、食を通して健康を考える入り口の一歩になったらいいなと思う。発行は3月20日予定。

Img_0609


Img_0608


|

« 農村カフェnora | Main | 国産無農薬なたね油 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/56625536

Listed below are links to weblogs that reference タウン誌の座談会:

« 農村カフェnora | Main | 国産無農薬なたね油 »