« 国産無農薬なたね油 | Main | 古民家は大雪! »

January 27, 2013

グルテンミート作り

今日はヨウコさんとセンちゃんがアルバイト。久しぶりに3人体制だ。しかもセンちゃんの友達の星庵さんも見学がてらお手伝いしてくれることになった。いきなり4人の人手になったので、厨房仕事がはかどることはかどること!
星庵さんは若い頃、オランダに住んでマクロビオティックのお店で働いていたことがある。その時、コーフ(グルテンミート)を作っていたそうだ。私も前に一度だけ作ったことがあるけれど、けっこう時間がかかるので、今は三育のグルテンミート缶を使っている。
今日は仕込みが思ったより早く終わったので、星庵さんにグルテンミートを作ってもらうことにした。強力粉を水で溶いてパンよりもちょっと固めによくこねる。その後、その生地を水の中にさらして、でんぷん質を洗い流す。水が濁らなくなるまでよく洗い、最後に残ったものが小麦粉の中にあるタンパク質のグルテンだ。そのままでは味がないので、さらにそれを昆布と醤油で1時間ほど煮込んで出来上がり。
ただ今回はすぐに仕上げたくて、生地を丸めた後、寝かせなかったので、でんぷん質を流す時、グルテンの力が弱くてバラバラになってしまった。そのせいか、出来上がりの食感もちょっとゴワゴワした感じだった。パン作りと同様、しっかりと寝かせることで生地が熟成していくのだなと思った。
店が終わってから、今日は星庵さんに楽健をしてもらう。私も以前、受講したことがある快医学を星庵さんも学んでいるので、操体法0リング野口整体など、いろいろな体へのアプローチについて話がはずみ、気持ちよく踏んでもらえた。
楽健が終わった頃、ちょうど庭からオレンジ色に燃える満月が昇ってくるのが見えた。澄んだ冬の空気の空に月の色が美しく映えていた。昨年の夏からずっと満月瞑想会をやってきたので、今夜の満月は久しぶりに一人で眺めるんだなと思っていたのだが、いつも瞑想会に参加してくれる星庵さんもセンちゃんも一緒だった。
「満月はやっぱり風楽で見ないとね!」なんて嬉しいことを言ってくれる。電気を消したお座敷でチャイを飲みながら「ああキレイだねえ」「ホントだねえ」「こういう時間っていいねえ」なんて何度も言いながら、3人で満ち足りた時間を過ごした。月明かりが部屋に差し込んできて、寒いけれどほの白く光っていた。
満月の光に導かれたのか、何となく心がぽっかりとひらいていった。そして誰からともなく、それぞれが今思っていることをポツリポツリと話し始めた。気がつけば3人で満月瞑想会ではないけれど、満月セラピー?をしていたみたい。静かないい時間だった。

Img_0624

Img_0627

Img_0631


|

« 国産無農薬なたね油 | Main | 古民家は大雪! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/56641231

Listed below are links to weblogs that reference グルテンミート作り:

« 国産無農薬なたね油 | Main | 古民家は大雪! »