« けんちん汁作り | Main | 橿原神宮 »

January 14, 2013

古民家雪化粧

朝、起きた時、今日は雨が降っているせいか、ずいぶん温かいなあと思った。大きな寸胴に作ったけんちん汁や、ビオンに持っていく食材を車に積み込んで出勤。ランチの準備をしながら、けんちん汁にさらに出汁を加えて再度火入れし、最後に味を整えた。
11時からヤワタホームでの餅つき。あいにくの雨で、餅つき日和とは言いがたい一日になってしまった。社屋の前にテントを建てて、テントの下でみやもと山のフミちゃんと息子のコユル君が餅つきを始める。いつのまにか気温が下がり、随分と冷え込んできた。せっかくの餅つきなのにこのお天気で人影もまばらで残念。
雨で食べる場所がないので、できあがったげんまい餅をセミナールームに運んで、そこで丸めて来てくださった方にお出しした。人が少ない分、何度もおかわりができたから、こんな日に来て下さった方はラッキーだったかも!?
そうこうしているうちにどんどん寒くなり雨が雪に変わり、あっという間に周りに雪が積もっていった。2時からの餅つきは少し早めに始めてもらうことにして、終わったら即片付け、カフェの方も暇だったので、今日は早終いすることにした。少しでも早く帰らなければ心配だ。今日の古民家を担当してくれているトモちゃんとまーちゃんにも早めに帰ってねと電話で伝える。
ノーマルタイヤでこの積もった雪道を走るのはかなり危険。特に古民家の周辺はどこを通っても坂があるので、無事にたどり着けるかなあとオドオドしながら、ビオンから1時間ちょっとかけて、ゆっくりゆっくり運転して無事に帰って来られた。
昼過ぎに降り始めたというのに古民家の周りはもう真っ白。明日の朝は凍結しそうだ。ただ雪景色を見ているだけだったら、本当にキレイなんだけど・・・やっぱり雪が降ると車の運転が怖い。
せっかく作ったけんちん汁だったけど、やっぱり雪には叶わないなあ〜。

Img_0531


Img_0532


Img_0533


|

« けんちん汁作り | Main | 橿原神宮 »

Comments

takeruさんありがとう。
本当にこれくらいの雪で!って思うのですが、車を運転していたほとんどの方が大変だったと後からいろいろなお話を聞いています。
道路はどこも大渋滞。スタットレスのはきかえに4時間待ったという方や、帰るのに3時間かかったとか、動かないので車は乗り捨てて行ったとか・・・それぞれ大変だったようです。
雪の日は出ないに越したことはないのですが、でも午前中は降っていなくて、急に積もってしまったので、みんな想定外のことばかりで雪に振り回されてしまいました。純粋に雪が降って喜んでいられたのは子供時代だけですね(笑)。

Posted by: 風楽 | January 19, 2013 at 12:04 AM

こんばんは。
関東の大雪、大変だったようですね。
ニュースで見ていたのですが、事故も多かったようで・・・。

現地の方々には申し訳ありませんが、いつも見慣れている景色が一瞬にして雪景色に変わってしまう。なにか不思議な感じがしますね。私も学生時代に東京で大雪があり、毎日通っている道なのに、別世界を歩いているような錯覚で迷子になったことがあります(笑)

Posted by: takeru | January 15, 2013 at 01:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/56541465

Listed below are links to weblogs that reference 古民家雪化粧:

« けんちん汁作り | Main | 橿原神宮 »