« 厨房の床 防寒対策 | Main | けんちん汁作り »

January 12, 2013

ミルの威力

風楽で作っている自家製の調味料、八方出汁を仕込む時、かつお節の厚削りを使う。八方出汁を漉してザルに残った椎茸やかつお節や昆布はいつも再利用しているが、その中でも厚削りを再利用するのはちょっと手間がかかる。醤油やみりんの水分がしみ込んでいるので、一度、低温のオーブンで焼いて乾燥させなければならない。
もちろん日に干してもいいのだが、ネコやハエなどの天敵?がいるので、室内で乾燥させた方が安全だ。カラカラに乾いたら粉砕して、ようやく味付けかつお節のふりかけができあがる。いつも風楽ではそれを青菜に振りかけている。
今までは何の疑問も持たずにミキサーでやっていたのだが、中々細かくならなかった。一度ミキサーにかけたものをザルでふるって、そこに残ったものをもう一度かける・・・を繰り返してなんとか完成。
今日はふと思い立って、いつもはほとんど使っていない古い電動ミルでやってみた。するとほんの数秒で粉々になり、粒子の揃ったふりかけがあっと言う間にできるではないか!今まで時間をかけてミキサーやフードプロセッサーを使っていたので、そのスピードにびっくり!しかもとても細やかな仕上がりなのだ。古いけれど、すごいな電動ミルって。
コーヒー豆を挽くのは専用のミルがあるし、ミキサーもフードプロセッサーもあるので、このミルは小さすぎると思って、ずっと流しの下にしまったままになっていた。でもこのコンパクトさがスピーディな仕上がるの秘訣かも?!これからはいろんなものをミルにかけてみようと厨房に出しっぱなししておくことにした。干野菜を作ってふりかけにするのも面白そう。

Img_0509


|

« 厨房の床 防寒対策 | Main | けんちん汁作り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/56526086

Listed below are links to weblogs that reference ミルの威力:

« 厨房の床 防寒対策 | Main | けんちん汁作り »