« 自選 谷川俊太郎詩集 | Main | LOCOLレシピ取材 »

February 15, 2013

娘も参加した料理教室

冬の間、古民家での料理教室は参加される方が少なくて、かなりこじんまりとしている。今日も予定は3人だけだった。夕方、娘から電話があって会社を早退したとのこと。妊娠中の体調が不安定のようで、最近、仕事を休むことが多い。そういう時は家に来て、日頃の野菜不足を補充するかのように?ご飯をいっぱい食べて帰っていく。「寝ても寝ても眠い」「食べても食べてもお腹がすいて仕方ない」とすっかり妊婦の体感覚?になっている。
今日も突然、来るというので、それなら人数が少ないから料理教室にも一緒に参加したら?と誘った。今日の料理は長芋と豆腐の酒粕グラタン、にんじんとリンゴのサラダ、里芋と丸麦と板麩の煮物、里芋のトリュフ。全てマクロビのお食事とデザートだ。娘にとっては食べ慣れない味が多いので、大丈夫かなと思ったけれど、食事の時になったら、「美味しい!」と言いながら喜んで食べていた。
里芋のトリュフはいろいろ試作してようやくできたレシピ。娘は「食べるまで勇気がいるね」なんて言っていたわりに?口に入れた瞬間「ホントにチョコレートみたい!美味しい!」と感激。あまり好きではないにんじんも喜んで食べていた。
娘は妊娠を機に、自分の体に注意を向け始め、自ずと食生活にも今まで以上に関心を持つようになってきたようだ。会っている時も食べ物が話題の中心だ。教室が終わった後も簡単にできるブロッコリーのスープを作りながらスープ作りのコツや妊娠中の体の変化や仕事との兼ね合いについて、いつまでも話していた。
実は私が離婚する時に家を出たので、中学生の後半から娘とは一緒に暮らしていない。だから「母から娘へと伝える味」というものを私は毎日の暮らしの中で伝えられずにきてしまった。
そんな時間を娘の妊娠を機に、今頃になって追体験させていただいているのだなと思う。いつからだって始めるのに遅すぎるということはない。ささやかながら自分なりに積み上げてきた料理の知識や経験を、これからもできる限り娘へと伝えていきたいなあと、今日、改めて思った。
出産後もフルタイムの仕事は続けるつもりでいるので、そうそうタイミングよく参加できるかどうかわからないけれど、また料理教室にも来てくれたらいいな。
Img_0712


Img_0716_2


|

« 自選 谷川俊太郎詩集 | Main | LOCOLレシピ取材 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/56773046

Listed below are links to weblogs that reference 娘も参加した料理教室:

« 自選 谷川俊太郎詩集 | Main | LOCOLレシピ取材 »