« 糖質制限のケーキ | Main | いちごのアイスクリーム »

April 12, 2013

春らんまんのおかずたち

今日は初物いっぱいの嬉しいランチ。ジュンコさんが実家から筍を掘って来てくれた。先週、行った時はまだ小さ過ぎてほとんど掘れないと話していたのに、今日、持ってきてくれたのはかなり大きく育った筍だった。雨が降ったので「雨後の筍」がぐんぐん伸びて、たった1週間で成長しきってしまった。まだ頭が出ない時に足で探りながら掘るのが好きなジュンコさんは「こうなっちゃうと探す楽しみがなくてつまんない」と笑う。
そして何より待ちこがれていた山独活の新芽!風楽の庭にも植えてあるがまだとても小さい。ジュンコさんの実家にはたくさんの独活が生えていて、この季節になると毎週摘んで来てくれるのだ。
山独活の新芽は山菜の天ぷらの王様だ。たらの芽なんて目じゃない。香りといい歯ごたえといい最高!私の一番大好きな山菜。天ぷらにして定食の付け合わせにしている。
そして遅ればせながら菜の花。少しずつは食べていたけれど定食にお出しできるほど量がなかった。昨日、おかげさま農場の高柳さんの畑に行ったら何と、もう時すでに遅しで、本芽はすっかり花が咲き脇芽がちょっぴり残っているだけだった。
今年は突然温かくなったので、一挙に咲いてしまったようで、毎年、ちょこちょこ摘ませていただいたのに、今年は昨日が最初で最後になりそうだ。からし和えにしてほろ苦さを楽しんだ。
すっかり春だ。筍のえぐみも、山独活の香りも、菜の花のほろ苦さも、冬の間、縮こまっていた体から毒素を排出し、春に向かう体へと整えてくれる自然界の滋味。
近くの野山で採れるものを自分で採って食べられるなんて田舎暮らしならでは。都会育ちの私にはとても贅沢なことに思える。
昨日、パン教室にいつも来てくれる農家さんがネギの苗を届けてくれた。ありがたいことに、毎年、植えられるようにと時期になると分けて下さるのだ。まだ冬ネギも畑に残っているし、畑を耕して堆肥を入れていないので、いつ植えられるかなと思っていたら、今日は酪農をやっている方が牛糞の堆肥を持って来て下さった。
店が暇だったので、たっぷり春の味覚を楽しんだ後は、そのまま堆肥をまいてジュンコさんと一緒に畑をうないネギを植えた。ネギの小さな苗と育ちきった冬ネギが同じ畑に並んでいるのはちょっと不思議な光景だった。
ジュンコさんが帰った後も夕方まで作業をし、早めにお風呂に入った。畑仕事の時は五十肩もかまわず鍬を力いっぱいふるうので、また明日は痛くなるかも。春の滋味たち、早くこの肩、治しておくれ〜。

Dsc00098


|

« 糖質制限のケーキ | Main | いちごのアイスクリーム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/57159199

Listed below are links to weblogs that reference 春らんまんのおかずたち:

« 糖質制限のケーキ | Main | いちごのアイスクリーム »