« 夕食会 | Main | モンサントの不自然な食べもの »

June 14, 2013

梅仕事ことはじめ

今年も古民家の梅が豊作だ。私がここへ住む前からこの場所でずっと花を咲かせてきた3本の梅の木。木肌に苔が生えた見事な老木だ。空に向かってすくっと立ち、枝を大きく広げている。梅は当たり年と外れ年があるというけれど、毎年のようにたわわに梅を実らせてくれる。
中でも玄関前にある梅は杏ではないかと思うくらい大きくて美しい実をつけてくれる。古民家を修復している時、ボランティアで植木屋さんが庭の隅にあった梅の木を、ユンボとユニックを使って移植して下さった。玄関前に庭木を寄せ植えしてアプローチを作り、レストランの入り口らしく?なるようにデザインして下さった。移植する時は小さく掘った方が土が少ない分、軽くて楽なのに、根を痛めないようにとかなり広範囲にわたって掘られていた。そのせいか梅の木も元気で2年目の夏からたくさん梅が実るようになった。
作っても作っても使いきれないほどたくさん実る梅。梅ジュース、梅酵素、梅ジャム、梅干・・・梅にまつわるものをあれこれと作るのだが、とても一年間では使いきれないほどの量ができる。薬を使っていないので安心して使える。今年こそ梅肉エキスも作ってみようかなと密かに思っているのだが、梅をすりおろすことと出来上がり量の少なさを考えるとどうも二の足を踏んでしまう。
先日、脚立を出して高い枝先にできている梅の一部を収穫した。今日はその梅で梅干を漬けた。それと来週の料理教室用にてんさい糖で梅ジュースを仕込んだ。
まだまだ梅は収穫できる。これからは毎日、落ちてくる完熟梅を拾って、梅ジャムも作ろうっと。
今日の金曜日は珍しくお客様が多く忙しかった。定食のご注文の合間に梅干を仕込み、冬の防寒対策として厨房に敷き詰めてあった足場板(超重い!)と絨毯をはがして片付けた。これは大仕事だ。夕方は雨の切れ間を見計らって種まき。とてもよく仕事が片付いた一日だった。
Dsc00614


Dsc00607


Dsc00606


|

« 夕食会 | Main | モンサントの不自然な食べもの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/57591477

Listed below are links to weblogs that reference 梅仕事ことはじめ:

» ミュウミュウ 財布 [ミュウミュウ 財布]
梅仕事ことはじめ: 風のたより [Read More]

Tracked on July 10, 2013 at 04:15 PM

« 夕食会 | Main | モンサントの不自然な食べもの »