« 彩り弁当 | Main | じゃがいも堀り »

June 25, 2013

へいわってすてきだね

6月23日、沖縄慰霊の日。平和公園で行われた沖縄全線戦没者追悼式の会場で一人の小さな男の子が詩を朗読した。与那国島に住む小学校一年生の安里有生君が書いた「へいわってすてきだね」という詩だ。you-tubeで式典の模様がアップされていたので、有生君が朗読している場面を見た。
沖縄県の平和祈念資料館が募った「平和のメッセージ」に寄せられた1690点の作品の中から選ばれたそうだ。
へいわってなにかな・・・? 6歳の子が壇上に立ち、大人たちの前でつぶやくように読みあげている姿を見ながら、あまりにストレートなメッセージに涙が出てきた。
まだひらがなを覚えたばかり。道徳の時間に沖縄戦の本を読み、家族を失った子供たちのことを知り、平和って何かなと思ったという。
そして何気ない日常の中に平和があるということに気づき、この詩を書いた。
くしくも慰霊の日は東京都の都議会議員選挙の日と重なった。結果を見てこの国の先行きに不安を覚えた。これで本当に平和が守られていくのだろうか?
「ずっとへいわが つづくようにぼくも ぼくのできることから がんばるよ」
6歳の男の子が純粋に誓った言葉を受けて、私たち大人もやれることをやっていかなければと思った。

「へいわってすてきだね」

へいわってなにかな。
ぼくは、かんがえたよ。
おともだちとなかよし。
かぞくが、げんき。
えがおであそぶ。
ねこがわらう。
おなかがいっぱい。
やぎがのんびり
あるいてる。
けんかしても
すぐなかなおり。
ちょうめいそうが
たくさんはえ、
よなぐにうまが、
ヒヒーンとなく。
みなとには、
フェリーがとまっていて、
うみには、かめや
かじきがおよいでる。
やさしいこころが
にじになる。
へいわっていいね。
へいわってうれしいね。
みんなのこころから、
へいわがうまれるんだね。
せんそうは、
おそろしい。
「ドドーン、ドカーン」
ばくだんが
おちてくるこわいおと。
おなかがすいて、
くるしむこども。
かぞくがしんでしまって
なくひとたち。
ああ、ぼくは、
へいわなときに
うまれてよかったよ。
このへいわが、
ずっとつづいてほしい。
みんなのえがおが、
ずっとつづいてほしい。
へいわなかぞく、
へいわながっこう、
へいわなよなぐにじま、
へいわなおきなわ、
へいわなせかい、
へいわってすてきだね。
これからも、
ずっとへいわが
つづくようにぼくも、
ぼくのできることから
がんばるよ。
Dscf4080


|

« 彩り弁当 | Main | じゃがいも堀り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/57677211

Listed below are links to weblogs that reference へいわってすてきだね:

« 彩り弁当 | Main | じゃがいも堀り »