« 梅干の土用干し | Main | 美しいガラス皿 »

July 13, 2013

高坂勝トークライブ 大盛況!

古民家に緑の党共同代表である高坂勝さんをお迎えしてトークイベントを行った。タイトルは特に決めず、高坂さんの著書である「ダウンシフターズ」を元に、経済成長とは一線を引いた仕事の方法、ライフスタイル、都市と農村をつなぐ「SOSA Project」、その先に目指していくものなどについて、プロジェクターを見ながらトークをしていただいた。
今回の集まりは21日の参議院選挙前に選挙に関心を持ってもらうこと、そして緑の党をアピールしていくことが目的だった。
高坂さんが経営しているオーガニックバー「たまにはtsukiでも眺めましょ」は儲けることだけを目的にしない週休3日制。好きな音楽が聞けて、美味しいお酒があり、美味しいものが食べられて、話したい人とゆっくり話せる場所。時々、話に夢中になってオーダーを取るのを忘れてしまうこともあるとか。
がむしゃらに働かなくても、夜、一日4名ほどのお客さんが来てくれたら経営として成り立つ試算を立て、それを実践している。長時間労働でいつも時間に追われ、自分のやりたいこともできないサラリーマンから見たら信じられない仕事の方法だろう。
そんなライフスタイルがベースにあったからこそ「経済成長至上主義からスロー・スモール・シンプルな社会」を目指す緑の党の公約が生まれたのだと思う。
緑の党の特徴についても話し、その後、大橋住職と一緒にギターとジャンベでセッション。最後は「緑の党」の結成宣言の歌をみんなで歌った。「3.11後の今 ここに 新たな道を歩み出す〜」から始まる歌だが、しみじみと歌詞を読むと緑の党の思いが伝わってくる。何度も何度も繰り返される「答えを生きる 時がきた」という部分が特にいい。
曲の後はモトコちゃん(会津素子市議会議員)の方からも今回の参院選に立候補するにあたって市民に募金を呼びかけて供託金を集めたことや、立候補する人の中にはアイヌ民族党の人や福島からの避難者、妊婦さんなど、実に様々な立場の人たちがいるということ、そして企業献金がないため選挙活動費も予算がなく財政的にも厳しいことなどを指摘。とてもわかりやすい説明だった。
その後、帰られる方もいらしたが、座卓を動かし交流会の準備。麦茶で乾杯し、一人一人簡単な自己紹介をした。農業関係の方も多く、それぞれいいつながりが生まれたようだ。
ちょうど私が自己紹介の最後の番だった。モトコちゃんの話に触発されたのか?なんだか話したいことが次々に浮かんできて、自分なりに思う緑の党のことをいろいろお話させていただいた。来て下さった方たちもとても温かく、みんな「つながっている」という感じがして嬉しかった。
その場で会員になって下さる方もいたり、チラシやポスターもかなり持って帰っていただくことができた。今日、会員にならなくても、きっと近いうちに仲間になれるであろう人たち・・・。
緑の党の趣旨を理解していただければ、それに賛同する人たちはもっともっと増えていくだろう。そんなことが確信できたひとときだった。同じ思いを共有しながら、本当に人(いのち)を大切にできる未来の社会を自分たちで創っていく・・・そう思える仲間をこれからも増やしていきたい。

Dsc00722
スクリーンを見ながら説明する高坂さん

Dsc00731_2
緑の党の結成宣言を歌う高坂さんと大橋住職

Dsc00739
緑の党の説明をする会津素子成田市議会議員

Dsc00744
持ち寄りのご飯を並べ楽しかった交流会

Dsc00746
最後に集合写真を撮るため椅子を動かしていたらオートシャッターが落ちてしまってみんなで大笑い!

|

« 梅干の土用干し | Main | 美しいガラス皿 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/57785219

Listed below are links to weblogs that reference 高坂勝トークライブ 大盛況!:

« 梅干の土用干し | Main | 美しいガラス皿 »