« 巨木と巨岩 | Main | ズッキーニとトマトのキッシュ »

August 10, 2013

こんにちは赤ちゃん

30年前、初めて子供を生んで、この手で抱っこした時、思わず出てきたセリフが「こんにちは赤ちゃん」だった。無事に生まれてきてくれてありがとうと心から思った。
子育て中は当然ながらいろいろなことがあったけれど、すくすくと成長し、よき伴侶と出会い、今では私の相談相手にもなってくれる大人の女性に育ってくれた。
今日、その娘に初めての子供が生まれた。朝、検診に行ったら子宮口が開いているので、そのまま入院することになったと連絡があったが、初産なのですぐには生まれないだろうと思っていた。
店が終わる頃、娘のダンナさんから電話があった。今、分娩室に入ってもうすぐ生まれそうだと言う。思っていたよりずっと早い展開に驚いたけれど、とにかく母子ともに元気でいられますようにと祈った。
そして夕方、用事を済ませて病院に着いた頃には2900gの可愛い男の子が生まれていた。新生児室のガラス越しに対面した。黒々と髪の毛が生え、しっかりした顔立ちの男の子だった。堂々と眠っていた。
誰に似ているだろう?随分と落ち着ている感じ?の赤ちゃんだ。ちっちゃくて可愛い。この子の将来が幸せに満ちたものでありますようにとガラス越しに手を合わせた。
病室で娘と話した。前触れもなくいきなり2分間隔の陣痛が来てしまったので、想像を絶する痛み?に耐えきれず思わず泣いてしまったという。泣きながらむせるだけで、正しい呼吸法もできず、ただただ必死に痛みに耐えていたら?2時間ちょっとで生まれてしまったそうだ。
生んだ後は意外とスッキリしており、幸せそうな顔で出産の様子を話してくれた。明日からは母子同室で授乳も始まる。これから二人で力を合わせて、赤ちゃんを囲みながら素敵な家族を創っていくのだろうな。優しいダンナさんでよかったね。
自分の命のバトンが娘に受け継がれ、またそこから新しい命が連なっていった。いつどんな時であっても命の誕生は祝福されるべき尊いものだ。
これからはこの子が彼女を育ててくれるだろう。
家に帰ってから娘の生まれた頃の写真を引っ張り出した。ああ、そっくり!今度、病院にこのアルバムを持って行ってあげよう。この子は娘の再来だ。きっとどの祖父母も孫を見たらそう思うんだろうなあ。忘れてしまった子育て(孫育て)をもう一度、楽しませてもらえる時間を今頃になっていただいた。ありがとうございます。娘と娘のダンナさんに、生まれて来てくれた孫に、そして神さまに感謝。
Img_1462
今日生まれた孫

Dsc00933
30年前の娘

Dsc00934
30年前の娘

|

« 巨木と巨岩 | Main | ズッキーニとトマトのキッシュ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/57966582

Listed below are links to weblogs that reference こんにちは赤ちゃん:

« 巨木と巨岩 | Main | ズッキーニとトマトのキッシュ »