« ダライ・ラマ講演会へ | Main | Michael Jackson Live in Bucharest »

November 27, 2013

ガーデンビオンの引き継ぎ

ビオンがオープンしてもうすぐ2年になる。最初からビオンは料理が好きなスタッフたちの楽しく働ける場所にしたかった。私自身は古民家中心に仕事をするので、ビオンからの利益は出なくてもトントンになれば続けていけるし、いずれは誰かやりたいと思う人に引き継いでもらえたらいいなと思っていた。
オープンが決まって以来、毎月1〜2回、スタッフミーティングを開いてきた。マニュアル人間になれず、料理の味付けも全て目分量でレシピを起こせない私が、スタッフにも風楽の味が出せるようにレシピを作ったり、複数のスタッフが入れ替わり仕事をしてもスムーズに運営できるように、ある程度のマニュアルを作ったりした。
そして2年。スタッフたちも力をつけ慣れてきたので、私なしでも運営できる体制になってきた。反面、終日2人工(にんく)の人件費をかけて経営することは採算的にかなり厳しい状況だということもわかってきた。私自身がビオンで仕事をすれば経営的には成り立つのだが、私があまり入らないとなるとどうにも2人分の人件費を捻出することができないのだ。これは私自身の事業計画の甘さだった。
いくらスタッフの働く場を作りたいと思って始めたとしても、少ない収入の中で赤字を抱えてまで持続させることはできないので、いろいろ考えた末、ビオンを譲渡することにした。と言っても風楽は風楽のままで表面上は何ら変わりなく、あくまで独立して経営してもらうという形を取るつもりだ。
具体的には経営者を今までビオンでがんばってきてくれたトモちゃんの名義に変更し、独立採算で経営してもらうことにしたのだ。経営者が実際に店に立ち、平日の人件費を一人工にすれば経営的には成り立つ。今まで風楽としてやってきた料理はそのまま継承し、少しずつガーデンビオン風楽としてのオリジナルな面も取り入れていく予定だ。
今日はビオンのスタッフがみんな集まって、今までのこととこれからのことを話し合った。ケーキや葛餅を食べながらお茶を飲み、スタッフの方からもいろいろな意見を出してもらった。これからはケーキやクッキーをスタッフが作ってカウンターで販売したり、料理教室を開催したり、トモちゃんを中心に新しい試みが始まっていくことだろう。
これは一つの区切りだけれども、決して終わりではないので、感慨深くてちょっぴり泣いてしまったけれど、決して別れが寂しいという涙ではなかった。
スタッフそれぞれがビオンで働けてよかったと言ってくれたのは本当に嬉しかった。そして料理という仕事の素晴らしさと楽しさ、奥深さを知り、もっともっとそれを極めていきたいと言ってくれたことも。
これからは私に判断を委ねるのではなく、トモちゃんが自分で経営のことも考え、オリジナルのガーデンビオン風楽を創っていってくれることと思う。もちろん風楽は風楽なので何かあった時の責任は最終的に私自身も追わなければならない。
仕事を一緒にするということは、ある意味、その間の人生を共に生きるということだ。ちょっとした行き違いやぶつかり合いもあったけれど、でもそれも一緒に仕事をしなければ味わうことのできなかった経験だ。大変だと思っていたことの中にも実は深い学びと気づきがあり、そのことを通して人は成長していく。むしろ自分の中の新しい自分を発見したり、変わっていく機会になったりもする。
何かわだかまりがあって、途切れてしまう人間関係ではなく、発展的解消であること、そしてその後も形を変えて交わりを続けていけるという一区切りをつけられてとても幸せだなあと思う。
甘いものをたっぷり食べたのに、いざお開きになったら「ご飯食べに行こう!」という声があがり、みんなで近くの台湾料理屋さんに夕食に行った。ビールを飲みながらワイワイとみんなで違うものを注文し、おなかいっぱい〜と言いつつがっつり食べた。
こんなにいいスタッフたちに巡り会い、一緒に楽しく仕事ができたこと。それだけでもビオンをオープンした意味がある。一つの区切りは一つの始まりだ。そして明日からもまた厨房で玄米を炊き、野菜を刻み、美味しいお食事をご用意させていただく毎日が続く・・・。
12月からはトモちゃんが経営者としてガーデンビオンを担っていきますので、今までどおりどうぞよろしくお願いします。


Img_1769


Img_1776


|

« ダライ・ラマ講演会へ | Main | Michael Jackson Live in Bucharest »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/58656231

Listed below are links to weblogs that reference ガーデンビオンの引き継ぎ:

« ダライ・ラマ講演会へ | Main | Michael Jackson Live in Bucharest »