« February 2014 | Main | April 2014 »

March 28, 2014

上映会の後の料理教室

日中の営業をお休みして行った上映会の後、終わるや否や料理教室の準備。今月は定例の第3金曜日が祝日だったので、料理教室も第4週にずれ込んだ。
大きなイベントの後に料理教室を行うのは大丈夫かなと心配だったけれど、料理教室の方ははもう勝手知ったる方たち?なので、いつも通りに楽しく行うことができた。
映画会の片付けが終わった後、すぐに料理教室の下準備に取りかかり、何とか3時までに準備完了。
今日はグルテンミートの麻婆豆腐と、野菜のナムルを乗せた玄米ご飯、菜の花と湯葉の酢みそサラダ、マーちゃんスィーツはさつまいものケーキを作った。
勢い余って?玄米をたっぷり炊いてしまったので、ご飯は食べきれないほどだったけれど美味しかった〜!

Dsc03110


Dsc03111


Dsc03107


| | Comments (0) | TrackBack (0)

天のしずく上映会 昼の部大盛況!

古民家が保育園になった?! 
ポカポカだった今日は丸一日お店の通常営業をお休みにして、green birds cafe主催の「天のしずく」昼の部上映会を行った。小さなお子さんがいて外出しずらいママさんたちのために、先日行った夜の部に続き、日程を改めて子連れOKの昼の部を企画した。
折りしも春休み。子連れのママさんたちが古民家に大集合。上映中、子供たちはお庭で遊んだり、絵本を読んだりして楽しく過ごしてもらうことにした。
最初は私と素子ちゃん二人で子供たちと遊ぶ予定だったが、申し込みが増えるにつれ、子供の数もどんどん増えて30人近くになってしまったので、急きょミポリンとさっちゃんも保育ボランティアとして参加してもらうことになった。
私は昨日のうちにいのちのスープとにんじんマフィンを焼き、今朝は7時頃から玄米を2回炊いて、おむすびを80個作った。食事はスープとマフィンだけの予定だったけれど、足りなくなったら困るなと思い、おむすびも作ることにした。
大人が全部で25名、子供たちは赤ちゃんも入れると30名。総勢55名でとても賑やかな一日となった。縁側も土間も玄関も戸は開けっ放しにして出入り自由。ママから離れられない子供たちはママと一緒に、自分たちだけで遊べる子供たちは保育係と一緒に、それぞれ思い思いに遊んでいた。
絵本を読んだり紙芝居を見たり、トランプやカルタをしたり折り紙をしたり・・・全員一緒にやるのではなく、やりたい子だけが集まっているので、まるで自由保育の幼稚園みたいだった。
参加者の多くはプレイパークや子育てや保育などに関心のあるママたちだったので、子供たちも松林で駆けっこしたり虫を捕まえたりと元気いっぱい!それぞれ水筒を持たせてくれたり、差し入れののり巻きや蒸しパン、果物などもたくさん集まったので、途中、ウッドテーブルでおやつタイムも持つことができた。
映画の後はランチタイム。あまりに人数が多いので、テーブルを出すのを諦め車座になって座っていただき、真ん中に文机を並べ、お皿もお箸も省略しておむすびは経木に、マフィンはわら半紙の上に置き、ピクニックスタイル。お茶もポットを出してセルフサービスに。スープはお椀が足りないので、お子さんの分は湯のみに入れてお出しした。
食事をしながらそれぞれ感想をお話していただいたが、皆さん、子供を連れてこういう集まりに参加できてよかったと喜んで下さった。そして映画を通して食事を作ることの意味や日本の農業や命について、いろいろなことを感じていただけたようだ。
私が一番嬉しかったのは子供たちが野菜と豆乳だけで作ったいのちのスープをごくごくと飲んでくれたこと。野菜を食べない子が多いと言われているけれど、スープにすれば口あたりもいいので、食べやすくなる。その一手間をかけるかかけないかで食事は大きく変わっていくのだろう。私自身はとても無精な人間だけど食事だけは手間を惜しまない人でありたいと思っている。
温かい古民家の庭に子供たちの笑い声が響き、ママさんたちは映画を通して食について考えるきっかけを持ってくれた。そしてみんなで寄せ集まってご飯をいただきながら感想をシェアし合い、楽しい時間を過ごすことができた。
今回、人数が多かったので、子供たちのケガと食事が足りなくなることがとても心配だった。でもケガもなく、おむすびは食べきれないほどだったので、持ち帰っていただいたし、何より皆さんが喜んで帰っていかれたのでいいイベントだったと思う。
久しぶりにクタクタになったけれど、やっぱり大人も子供たちも一緒に過ごせるイベントって素敵だ。
映画会が終わって解散した後は3時から料理教室があるので、一息つく間もなくすぐに下準備に取りかかった。大きなイベントの後だったので、正直なところ疲れたなあ〜と思ったけれど、気持ちのいい充実感があったのでがんばれた。
みんなで同じ映画を見ることによって、映画からのメッセージを受け取り同じ思いを共有できるので、小さな上映会は面白い。green birds cafeではまた5月に映画会を考えているので、おすすめの作品があったらぜひお声をかけて下さいね!


Dsc03095


Dsc03101


Dsc03103


Dsc03097

Dsc03087


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2014

ひるねこ?みーすけ

昨日のパン教室のガーデンランチの時のこと。パン教室の皆さんが座り始めると「私も混ぜて〜」という感じで一緒に椅子に座っていたみーすけ。いよいよランチが終わってウッドテーブルの上にある食器を片付けたら、今度は眠たくなったのか、その上ですやすやとお昼寝。
その無防備な姿と表情が何とも言えず可愛くて、思わずカメラを持ち出してきて夢中になって撮ってしまった。ぽかぽか気持ちのいいお天気。そうだよねえ。こんなふうにお外でお昼寝できたら最高だねえ〜。見ているだけでほのぼのしてしまう。
その後、謙心もレジャーシートを出してお外で遊んでいたのだけれど、みーすけも何気なくシートの端っこにやってきた。四つ足で動き回り毛がふわふわしている不思議な物体?に興味津々の謙心、できたばかりのハイハイでみーすけに近づいていく。そして寝ているみーすけに向かって後ろから毛を引っ張ってつかむのだけれど、みーすけは動じずにそのままお昼寝。
謙心に叩かれても引っ張られてもされるがままで怒らない、みーすけはつくづくできたネコ?だと思う。きっと二人は大の仲良しになれるだろうな。

Dsc03075


Dsc03073


Dsc03069


Dsc03072


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2014

パン教室〜テーブルロール〜

今日はパン教室。当日キャンセルなどもあって予定していた人数よりも少なくなってしまったけれど、その分、来て下さった方はじっくりゆっくりパンをこねることができた。今回のパンはシンプルなテーブルロール。同じ生地で中味をゴマ、オートミール、もち麦、胚芽とアレンジして4種類のパンを焼いた。どれも飽きのこない美味しい味だった。
今日は春本番のような温かなお天気。パン教室をやっている最中はキッチンでストーブをつけていたけれど、外の方が温かそうだったので、ランチはお庭のウッドテーブルのパラソルを広げて、急きょ外で食べることにした。まさかこんなに早い時期にガーデンランチができるなんて!いきなり春が来てしまったみたい。ウグイスや野鳥の鳴き声を聞きながら、皆さんと一緒にとっても気持ちがよくて楽しいランチタイムが過ごせた。お外で食べると、パンもおかずもより美味しく感じられていいなぁ〜。
4月は第三火曜日ではなく第四火曜日22日に行います。いちごで酵母を起こし、朝食に食べられるようなバターロール(ほんのりといちごの香りがします)とクリームチーズを入れたパンを焼きます。お時間のある方ぜひどうぞ!

Dsc03054


Dsc03048

Dsc03050


Dsc03053


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2014

黒米のおはぎ

春のお彼岸の3連休。3日間ともヨウコさんと2人体制で乗り切ったけれど、久しぶりに3日連続で大忙し!もう一人助っ人がほしいなあと思いながらも、開店と同時にお客様が次々に来て下さるので、あっという間に一日が終わってしまった。お天気にも恵まれ、ようやく忙しい連休が終わって二人ともヘロヘロ。
でもやっぱり仕事をするなら暇よりも忙しい方が嬉しい。
お彼岸のデザートに作ったのはこの前のお蔵フェスタにも持っていき好評だった黒米のココナッツミルクおはぎ。無農薬の黒米100%。ココナッツミルクを加えてゆるめに炊き上げ、つぶした玄米をつなぎがわりに加えて合わせてすりこぎで突いて粘りを出し、まわりをココナッツファインでくるんだもの。
おはぎと呼ぶにはちょっと小さめだったけれど、黒米をたっぷり使った贅沢なデザートなので、一口大でも充分、その滋養や独特の甘みが感じられお客様にも喜んでいただけた。あんこは入っていないけれど、何とも言えない美味しいさのおはぎだった。
先日の強風で梅の花がかなり飛ばされてしまったけれど、3月のお彼岸過ぎまで梅が楽しめるなんて、今年は春が遅いのかと思いきや、ここ数日の温かさで桜の開花予報も聞こえ始めた。
ポカポカで温かいお天気の休日はそれだけでなんだか嬉しい気分。
今週はこの後もパン教室、お食事のご予約、「天のしずく」の昼の部上映会、お料理教室etcと仕事がずっと続くので忙しいけれど、今夜くらいはゆっくり、お風呂に入って早めに寝ようっと。

Dsc03037


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2014

クレソンとリンゴのサラダ

この季節じゃないと楽しめない野生のクレソン。春になると時々近くを歩き回って摘んでくる。クレソンって本当に可愛らしい。仕事が終わってから友達が来たので、西側の縁側のちゃぶ台にご飯を並べて畑を見ながらゆっくり夕食。クレソンとリンゴのサラダはその時のおかずの一つ。ガラス皿にざっくりと盛りつけてオリーブオイルとレモン汁、ブラックペッパーと塩。定番の味付けだ。
ぽかぽかお天気の夕方、日もずいぶんと伸びて、西日がとても気持ちよかった。
キラキラ光っている午後の残照が楽しめるのは春分の日ならでは。とにかく光がとてもキレイだ。
店が忙しくてかなり疲れたけれど、ほっとするひとときがあるとまた元気に仕事ができそう。Dsc03036


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2014

縁側でドッグカフェ?!

春分の日の今日は晴れていたけれど、朝から一日中強い風が吹いていた。古民家は隙間風が吹き込み、すりガラスは風に煽られてガタガタ揺れ続け、天井の隙間からも煤やホコリが時々落ちて来た。
今日はストックがほとんどなかったので、早くから厨房に入って、バナナケーキやヨーグルトケーキを焼いたり、あんこを煮たりしているうちにあっという間に開店時間になってしまった。強風の中での営業だったけれど連休のせいか朝からとても忙しかった。今日はヨウコさんと二人だけだったので、二人とも手一杯で話す暇もなかった。
ランチタイムが一段落した頃、ワンちゃん連れのお客様がいらした。今日は風が強くてガーデンテーブルのパラソルが開けなかったので、縁側に座布団を並べて腰掛けていただき、外テーブルの上に定食をお出しした。随分と大きくて毛が長いワンちゃんだったけれど、秋田犬だそうだ。春が来ると書いて「はるく」クンというもうすぐ3歳になる可愛い男の子。さすがにみーすけたちは怖がって?縁側にやってこなかったけれど、はるくクンはお利口さんにお座りしていた。
古民家は庭でワンちゃんとお食事できるので(ガーデンビオン風楽も店の前でお食事できます)ワンちゃん連れの方、ぜひどうぞ!
今日は車椅子のお客様もいらして下さった。お座敷の方はご利用いただけませんが、土間でしたら入り口の敷居だけ越えていただけたら車椅子のままお食事できます(申し訳ありませんがトイレは車椅子対応にはなっておりません)。
赤ちゃん連れの方はお座布団で赤ちゃんを寝かせながらお食事したり、この前はお食事の後、横になりたいと言うお客様がソファで寝っころがっていたり・・・古民家はレストランと言っても家のようなもの?なので、いろいろな使い方ができるなあと思う。

Dsc03031

Dsc03034


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 20, 2014

個性学ワークショップその2&自家製酵母パンのビュッフェとランチ

今日は第2回目の個性学講座。今回は初めての方もいらしたので、前回のおさらいをしてから、人志向、城志向、大物志向の3分類をさらに先端型、配慮型、実績型、自然型、実益型、夢想型、悠然型、独自型、挑戦型、努力型、完璧型、敏感型の12種類に分類し、それぞれの特徴について教えていただいた。
分類が細かくなるに従い、具体的な個性としてそれぞれに思い当たる節がある?ので、説明を聞きながら笑ったり、しっかり頷いたりと反応も大きくなっていった。講座が進むにつれ、捉え方も深まるのでこれからどんどん面白くなっていきそうだ。
ランチタイムは自家製酵母パンのビュッフェとオーガニックプレート。フレンドベーカーリーの増田さんのパンは相変わらず美味しく、私は一足早く講座を抜け出し、終わったらすぐにランチが食べられるようパンをオーブンで焼いたり、揚げ物をしながら、ランチの準備をした。昨日、摘み取ってきたクレソンをリンゴと合わせてサラダにした。レーズンとスライスアーモンドをトッピングして、シークァーサーとリスカグランデのオーガニックオリーブオイルで味をつけた。
私の勉強しているパワー気功の先輩たちも個性学講座に来てくれたので、ランチが終わった後、気功の体験をしてみませんか?と皆さんにお誘いをしてみた。なんと全員、残って下さることになり、気功を体験。それぞれ首や肩の痛みが取れて楽になったと喜んでいただいた。
先輩お二人は少しでも皆さんの体が楽になってほしいという思いから、ボランティアで皆さんの体に気功の施療をしていった。私も初心者ながら一緒にやらせていただいた。
美味しいものをいただいて、講座で心もスッキリし気功で体も楽になって、今日は来てよかったです・・・と言いながらお帰りになった方がいた。そういう言葉を聞くと私もまたとても嬉しくなってくる。美味しいご飯と、心に寄り添う言葉、体への手当etcは人を元気にしてくれる大きな要素だ。いつもそれらを古民家にご用意できたらと心から思う。
来月の個性学は4月16日(水)に開催します。よかったらどうぞご参加下さい。

Dsc03018


Dsc03013


Dsc03029

Dsc03027


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2014

じゃがいも植え付け

昨日の瞑想会の後、電車で来たさおりんとヒロコさんはお泊まり。みんなが帰った後、3時近くまでマッサージをし合ったり、気功をし合ったりしながら、ワイン片手にガールズトーク?!
さおりんとヒロコさんは初対面だったけれど、さおりんのユニークなキャラクターは誰とでも自然に打ち解けるので、初対面とはとても思えなかった。なんだかずっと前から風楽にいる人みたい?だった。
朝、ゆっくりめに起きてから私の酵素を飲んでもらい、ご飯の前にまず畑をやろうということになった。麦わら帽子と長靴のスタイルになって鍬で畑を耕し、種芋を半分に切り、灰をつけてから植えていった。
3人でやったので思ったより早く作業がはかどったが、風が強くて私は花粉がかなりきつかった。畑の後はみんなでブランチ。にんじんドレッシングのサラダと朝仕込んで焼いた麻の実スコーン、お味噌汁、昨日の残りの玄米おむすび、ハーブティを並べて3人でわいわいとおしゃべりしながら食べた。
今日は午後から楽健法の日。1時過ぎからぼちぼちみんなが集まってきたので、さおりんとヒロコさんはそれと入れ代わるように帰って行った。
連日忙しかったので、楽健法の足踏み会は本当に気持ちよく、最後はうとうとと寝てしまった。ティータイムは昨日、皆さんからいただいた般若心経入りのケーキをお出しした。
瞑想会に参加しているメンバーが楽健法でも重なっているので、お茶を飲みながら瞑想会の話をしたり、体や心についてもいろいろ話せた。人の体を観ながら、自分のあり方を省みる・・・お互いにやったりやってもらったりをする中で、あるべき心の持ちようというものを考えていけたらいいなと思う。
Dsc03010


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2014

満月瞑想会

満月瞑想会、美しい月に見守られ、今回は初めていらした方も多くとても楽しかったです。
交流会が始まる前に、なんとサプライズで私の2月の誕生日を皆さんにお祝いしていただきました。
ミポリンが作ってくれたカップケーキにキャンドルを灯して、みんなで歌を歌ってもらって、般若心経が書かれているロールケーキのプレゼントまでいただきました。ホントにビックリして大感激でした。

Dsc03007


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 16, 2014

お蔵フェスタ出店!

予想していた通り、最高にいいお天気となったお蔵フェスタ。発酵をキーワードに神崎町に何万人という人たちが集まった。特に今年は今までの中でも一番人出が多く、途切れることなく、たくさんの方が参加されたように思う。会場もかなり広がってステージも増えていた。そのせいかたくさんの人たちが集まってもどこかリラックスムードで、それぞれの会場で楽しく過ごされていたようだ。
8時の搬入と同時にまだ準備もままならないうちからお買い物に来て下さった方もいらっしゃって大慌て。去年、玄米ライスサラダを買って美味しかったから今年も買いに来ましたとか、毎年ここに買い物に来ていますとか、スープ、最古に美味しかったですとか・・・嬉しい言葉をたくさんかけていただいた。
今年こそはいろいろ見て歩きたいと思いつつ、結局、店番に追われて、ほとんど会場を見て回ることができなかった。お酒を買いに行った時には酒粕もすっかり売り切れていた。それにしてもオーガニック関係のお店がこれほど集まるイベントはそうそう見つからない。毎年のことながら、食に関心のある方がこんなにいらっしゃるとわかるだけでも勇気をもらえる。
2時前には売り切れてしまったので、最後に酒蔵見学にほんのちょっと行ったくらいだったが、歩きながらたくさんの方たちにお会いすることができた。あちこちにたくさんの笑顔があった。
出店者の方達の所にはほとんど行けなかったけれど、風楽のブースに来て下さった方、どうもありがとうございました。
そして準備して下さった寺田本家の方々、お手伝いの方々、本当にお疲れさまでした。おかげで今年も楽しく過ごさせていただくことができました。どうもありがとうございました!

Img_2001


Img_2003


Img_2005


Img_2006


Img_2036


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2014

明日はお蔵フェスタ!

本当に温かい一日だった。イベントの前日は翌日の天気がとても気になるけれど、今回ばかりは全くそんな心配もいらない。明日はとてもいいお天気となり最高の祭り日和になることだろう。
昨日から始めたお蔵フェスタに向けての準備。今日はかなり遅くまでやらなければと覚悟していたのだが、予期せずカズコさんがお手伝いに来てくれて大助かり。手が早いカズコさんは次々にお願いしたことをこなしてくれたので、思いの他、仕込みが早く終わってしまった。
今回、ご用意していくものは酒粕とクミンで味をつけた大根とひよこ豆のスープ。アツアツを鍋で温めながらお出しする。定番の玄米ライスサラダ、ひよこ豆のトマト煮、麻の実スコーンと酒粕スコーン、マクロショコラやマクロキッシュ、黒米のおだんご、おからのケーキなどをたっぷり焼いた。酒粕もいっぱいお菓子や料理に使ったのでストックしてある分がすっかりなくなってしまった。
イベント前はいつも忙しくバタバタと夜遅くまで準備をしているのだけれど、今年はちょっと違う。やっぱりせっかくお祭りに行くのだから、準備に追われて疲れ果ててしまわないように?ゆとりを持てたらなと思う。他の模擬店も覗きたいし、皆さんともお話したいし、美味しいものもいっぱい食べて帰りたい。何よりも他の出店者の皆さんが作った酒粕や麹を使った発酵ご飯をいただけるのがとても楽しみだ。
風楽のブースは寺田本家の正門を出たすぐ左の塀側です。ゆうゆうさんやたけおごはんさん、こうぼ食堂さんの並びです。ぜひ皆さんいらしてくださいね!
なお明日は古民家の方もオープンしています。遠方からいらした方は会場からも車だったら10分ちょっとと近いのでぜひお立ち寄り下さいね!

Dsc00555


Img_1996


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 14, 2014

天のしずく上映会

今日はgreen birds cafe主催の映画会で「天のしずく」を上映した。2月の上映会の時、あいにくの雪で延期にしたため一ヶ月遅れの開催となった。
料理研究家の辰巳芳子さんのいのちのスープをめぐるドキュメンタリー作品。四季折々の作物の実りが丁寧に撮影されており、何度見ても、その映像の美しさや辰巳さんが発する言葉一言一言に感銘を受ける。
つくづく四季のある日本という風土が私たち日本人を育ててくれたのだなと思う。そしてこの土地で育まれた米や大豆など、豊かな実りから生まれた食文化は世界に誇れるものだ。こういう作品を皆さんと一緒に見られてとても嬉しい。
明後日のお蔵フェスタに向けての準備もあるので、今日は朝から定食の支度をしながら焼き菓子を焼き、上映会の後にお出しするスープやおむすびを作ったり・・・と仕事が山積みだった。
今日のスープは映画の中でも登場するポタージュ・ボン・ファム。じゃがいも、玉ねぎ、にんじん、セロリで作ったスープだ。辰巳さんのレシピでは鶏のブイヨンや牛乳を使うのだが、ブイヨンは使わず、牛乳の代わりに豆乳を使った。写真は鍋の中で野菜たちをじっくりと炒めているところ。
温める時は濃厚で鍋の下が焦げてしまうので、下にお湯を張って湯せんにして温めた。ちょっとセロリの量が多かったけれど、優しい味の美味しいスープだった。
でも改めて映画の中でスープを作っている時の辰巳さんの動きを見て、もっともっと丁寧に作らなければと思った。
終わった後、自己紹介をしながら映画の感想などを話す交流会を行ったが、農業や緑の党のことなど、いろいろな話が出て来た。もっとじっくりとお話したかったけれど時間が遅かったので、それ以上、話し込めなかったのがちょっと残念だった。
同じ内容で、子育て中のママさんたちにも見てもらえるよう、28日(金)の午前中にも子供たちを遊ばせながらの上映会を企画することにした。次回はマフィンとスープを食べながら食育や食べものについて一緒にお話できたらと思う。

Img_1994


Dsc02996


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2014

オーガニックオリーブオイル

とても美味しいポルトガルのオーガニックオリーブオイルに出会った。スペイン国境近くのセルパという村にあるリスカグランデ農園で作られている。シュタイナーが提唱するバイオダイナミック農法を実践している農園だ。若い木で5年、古木では樹齢500年のものまで全部で2万本のオリーブの木が植えられているそうだ。
収穫してから3時間、おそくとも6時間以内に低温圧搾され、瓶詰まですべての製造工程を自社で行うという徹底ぶり。その結果、有機JAS認証だけでなく、世界でもっとも基準が厳しいと言われるオーガニック認証である「デメター」も取得、最高品質で美味しいオーガニックエキストラバージンオイルができあがった。本場イタリアでもその味は高い評価を受けているという。
さっそくベビーリーフとミニトマトのサラダをどっさり作って、オリーブオイルをかけていただいた。岩塩とブラックペッパーをほんのひとふり。
シンプルな味付けなのにさわやかでとても美味しかった。最近は天然酵母のパンを薄くスライスしてトーストしオリーブオイルにつけるのもお気に入りの食べ方。
明日の夜は「天のしずく」の上映会、明後日は「お蔵フェスタ」の出店。仕込むものが多くて、この週末はとても忙しいけれど、とても楽しみにしているイベントだ。このオリーブオイルも活躍してくれそう。

Dsc02991


Dsc02993


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2014

麻賀多神社にて

あの日から今日で3年。
今日、やっと確定申告を提出し、その後、買い物。
昼はビオンに行ってランチをしてから、麻賀多神社へ。
あの時間を拝殿の前で迎え、静かに一人で黙祷。
犠牲になった方たちのご冥福を祈ると共に、復興にはまだまだ時間がかかるけれど、被災地の方達が希望を持って生きていかれるように、そして一人一人が生かされていることの幸せに心から感謝できますようにと手を合わせた。

Img_1991


Dsc00673


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2014

武満徹ソングブックコンサート

土曜日の夜、東京文化会館で行われたコンサートに行ってきた。これは96年に亡くなった作曲家武満徹の作品を「ショーロクラブwithヴォーカリスタス」という1ユニット+7人のヴォーカリストがそれぞれ歌うという企画。ヴォーカリストは風楽で何度もコンサートをやっていただいているおおたか静流さんや私の大好きな沢知恵アン・サリーも名前を連ねていた。さらにゲストに武満徹と親交のあった同世代の詩人谷川俊太郎さんまで出演するというスペシャルなプログラム。
静流さんからこのチラシが送られてきた時、これはもう絶対に行かなくちゃ!と思ってすぐにチケットを予約した。
武満徹は戦時中、禁じられていたシャンソンを蓄音機で聴き、こんなに美しいものがあるのかと感動し、音楽の道を選んだという。紙に鍵盤を書いて持ち歩いていたというエピソードはあまりにも有名。音楽は独学だったけれど、ストラヴィンスキーに見い出され、以来、現代音楽界の第一線で活躍していた作曲家だ。
俊太郎さんの詩の朗読は20年近く前に一度聴いたことがあるけれど、肩の力が抜けて味わいのある朗読がとてもよかったので、いつかお店で俊太郎さんの朗読会ができたらいいなあとずっと思っている。
今回はヴォーカリストたちが歌うステージの横に腰かけて、武満徹との思い出を語ったり、自作の詩を朗読したり、なんとなく恥ずかしそうにそこに座っていた姿が印象的だった。
ショーロクラブはアコースティックギターとバンドリン、コントラバスの3人からなるユニットでインストゥルメンタルの演奏が始まりと終わりに入っていたけれど、それが美しいプロローグとエピローグのようでとてもよかった。
実際、今回のヴォーカリストたちが歌った曲はほとんどふだんは歌われていない曲ばかりで、知っている曲と言えば「死んだ男の残したものは」くらいだった。派手な衣装や演出などほとんどなくて、それぞれが交代で一曲ずつ歌って行くのだが、歌い手たちは自分の個性を全面に出すというよりも、曲や歌詞に敬意を払い、それを大切に歌っていた(にも関わらず静流さんの歌声がホールに響いた瞬間、気配が急に変わってしまったのだが・・・)。
すべてのヴォーカリストたちが抑えてはいるけれど、静かな思いを込めつつ、淡々と歌い続けプログラムが終了した。聴き終わった後、何とも言えない不思議な余韻を残していったように思う。
やっぱり音楽って素敵だ。また古民家でもコンサートをやりたい・・・そんな気持ちになりながら家に帰ってきた。
*写真は今回のコンサートのポスターになった武満徹氏、そして「奇跡の音響」と言われる開演前の東京文化会館小ホール。

Dsc02995


Img_1985


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2014

今日の一人ランチ

確定申告の提出期限が近づいてきた。例年、早々に終わらせているのだが今年はビオンの会計が中々揃わず、それを待っているうちにこんな時期になってしまった。
2月は出かける用事が重なってかなり忙しかったけれど、もうそんなことも言っていられない。さすがに焦ってきたので、今週は集中して経費入力に取りかかっている。
データが入っているのは古いパソコン。この時期だけ引っ張り出してきて、使いにくいキーボードで入力を繰り返す。単純作業だけど、飲食店は何しろ領収書やらレシートが細かくて多岐に渡るので、入力項目が多い。ああもっと早くやっておけばよかったなと後悔しつつ、膨大なファイルの量と格闘している。同じ姿勢で一日中、座卓に置いたパソコンに向かっているので、腰が疲れたら畳に寝っころがって伸びをする。
自分で決めた「ここまで」という所までできたら休憩。集中して取り組んでいるので、一区切りできた時のこの休憩時間がやけに楽しみだ。
どこにも出かけられない分、せめて美味しいものを食べて力をつけようと簡単なご飯を作ってしばしの休憩時間を楽しんでいる。でも作業効率が落ちるので甘いものもちょっとだけガマン?!
今日はあわび茸を入れた粕汁と玄米ご飯、菊芋の素揚げとコロッケにトマトソースとルッコラを添えた。
しっかり食事をしてアタマを働かせながら、あと少しがんばらなくっちゃ〜!
Dsc02544


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2014

河津桜

さくらの里からいただいた河津桜の手折り枝が咲いた。枝数が多かったので花瓶に入りきらず、プラスチックの入れ物に水をはってつけておいたという感じ。それなのに次から次に花が咲きお部屋の中がとても華やかになった。
昨日まで飾ってあったおひな様の横に添えたり、今日は明るい陽射しが降り注ぐ窓の前に置いたり、一枝だけ一輪挿しに生けたり、入れ物ごとあちこちに動かしたりして楽しんでいる。
河津桜は枝と花が同時に開く。花は淡いピンク色で何とも美しい。河津桜は早春に、どこかに出かけた時、早咲きを見つけては遠くから眺めて楽しんでいた。だからこんなに近くでしみじみと河津桜の花びらを長い時間、愛でているのは初めてのこと。お部屋で咲いてくれたからこそだ。
今年は新しいことをいくつか同時にスタートさせてしまったので、出かける用事が重なり2月は特に忙しかった。昨日も一日でかけて帰りが遅かった。冷えきった真っ暗な部屋に帰って灯りをつけた後、河津桜の花がそっと迎えてくれた。
そして3月。確定申告の準備をまだ何もしていないことに焦り始め、今日から数日間は経費入力にかかりっきりで集中しなければ。
それが終わればいよいよ本当に春がやってくる!

Dsc02986


Dsc02981


Dsc02978

Dsc02973


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2014 | Main | April 2014 »