« 春の野のもの | Main | 満月瞑想会 »

April 14, 2014

離乳食もぐもぐ

娘が歯医者に行きたいというので、夕方、娘の家に子守りに行った。生後8ヶ月。離乳食も始まり、今では一日2回食。元々、骨太で背筋が強く元気のいい男の子。食欲も旺盛だ。留守番を任された私が謙心に離乳食をあげることになった。
産休中の娘は時間があるので、自分たちの食事はレシピを見ながらだがかなり丁寧に作っている。離乳食も市販のものはほとんど使わずにマメに作っている。にんじんやかぼちゃ、ほうれん草などを茹でてペースト状にしたものを製氷皿に流し入れ冷凍しているのだが、その日に食べる分だけ器に入れて用意してあった。
今日のメニューはおかゆににんじんとほうれん草のペースト。
時間になったので、チャイルドシートに謙心を腰掛けさせて「いただきます」と声をかけたら謙心は早くも大喜び。
口にスプーンを持っていくと小さな口を大きくあけてもぐもぐと食べる。気持ちいいほどしっかりと食べてくれるので嬉しくなってしまう。あっという間に食事が終わった。
食べることにどん欲な子供は生命力が強いと昔から言われている。確かに謙心は健康そのものだ。
このまま食べることが大好きな元気な子供に育っていってくれたらいいな。作ったご飯を喜んで食べてくれるって幸せなこと。そしてそれがその子の体を育んでいくのだと確実に思えたら、なお嬉しい。満面の笑顔でご飯を食べる幼子を見るのは老後の楽しみ?の一つなのかもしれない。

Img_2115


Img_2123


|

« 春の野のもの | Main | 満月瞑想会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/59472514

Listed below are links to weblogs that reference 離乳食もぐもぐ:

« 春の野のもの | Main | 満月瞑想会 »