« おおたか静流&沢田穣治 春風コンサート開催します! | Main | 離乳食もぐもぐ »

April 13, 2014

春の野のもの

温かくなると野にあるものが食べたくなる。あちこちで野草たちが芽吹くこの季節。田舎の野原は食材の宝庫だ。冬の間に溜め込んだ体の中にある余計なものをほろ苦さと共に排出させてくれる野草たち。
収穫名人のジュンコさんが実家から筍をどっさり掘ってきてくれるので、今週は毎日のように筍料理。新しいうちは穂先だけを細長く切って生のまま天ぷらに。それ以外の筍は皮をむいて大鍋でまとめてゆがき、しばらく水にさらしておく。そこから必要な分だけ取り出して料理をしている。
昨日の定食は茹でた筍をタカキビと一緒に煮たり、今日はそこにレンコンと人参を加えてあんかけにした。夜は若竹煮と筍の穂先だけをピリ辛に炒めたもの、さらに細い蕗を椎茸と炒め煮にし、蕗の葉っぱは細かく刻んで味噌炒めにした。
夜は友達が来たので、そこに山独活の新芽の天ぷらと、野生の三つ葉をおひたし、キャベツの菜の花のからし和えを添えた。ほろ苦さと独特の香りで、これからの季節に向けて体の新陳代謝を高めてくれそうだ。
これからはワラビやゼンマイ、こごみなども楽しみたい。気持ちのいい気候になってきたせいか、人が動き始めた。今週は金土日と連日お店は大忙し。
昨日などはとても忙しくなってネコの手も借りたいくらいだったので、お弁当を買いに来てくれた知り合いにいきなりランチタイムの時だけお手伝いをお願いして大助かり。野草のパワーを借りて?忙しい店を乗り切ろう。

Dsc03449


Dsc03450


|

« おおたか静流&沢田穣治 春風コンサート開催します! | Main | 離乳食もぐもぐ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/59463494

Listed below are links to weblogs that reference 春の野のもの:

« おおたか静流&沢田穣治 春風コンサート開催します! | Main | 離乳食もぐもぐ »