« プラム・ヴィレッジからのお客様 | Main | 満月瞑想会 »

May 14, 2014

夏野菜の種苗選び

そこに行くとついつい長居をしてしまう。あれもこれもと選んでいるうちに、いつのまにか1つめの買い物カゴがいっぱいになり、2つめのカゴもいっぱいになった頃、ようやく今回はこのくらいにしておこう・・・と諦めがつく。
豊富な品揃えで農家さんも買いに行くという種苗屋さん「みどり園芸」。この時期、今年は何を植えようかとそわそわし始め、どこに行っても園芸店があると、私はその前を素通りすることができない。
今日はランチを食べがてら、夏野菜の苗を買いに出かけた。昨年は娘のお産と重なったので、8月は畑を放り出してしまった。でもぐんぐん野のものが伸びゆくこの季節になると、やはり土を耕し、種を撒き、作物を植えたくなってくる。
古民家を花でいっぱいにしたいといつも思う。
今年は桜の苗木も植えたし、南側には一列に長く並んで水仙が咲いた。今はマーガレットが群生しているし、つつじも満開だ。少しずつ花が増えて来てはいるけれど、何しろ、この広い敷地、草刈りだけでも大仕事だし、店やそれ以外の用事も多いので、中々庭仕事に充分に手をかけることができない。はりきって植えた割に、結局、最後は草ぼうぼう・・・なんてことも多い。
だから今年は少し量を減らして、あまり時間もないので、種まきはやらず苗だけを植えることにした。
・・・と思っていても、苗やお花を見ているとあれも植えたいこれも植えたい・・・と迷い始め選ぶのが一苦労。
いつまでたっても下手っぴだけど、土に触れていられる時間や草取りって、これも一つの瞑想だなと思う。野鳥の鳴き声を聞きながら、風を感じながら、ネコたちが遊んでいる姿を見ながら・・・黙々と手を動かす。肉体的には疲れるけれど、とても気持ちのいい時間だ。
鍬一本で耕すのはかなりキツいけれど、お店で使う野菜のほんの一部だけでいいから、自分で育てた無農薬野菜を取り入れたいと思う。自分で育てた採れたて野菜で料理ができるのはとても幸せなこと。
もちろん農家さんになんて絶対になれるわけがないし、店で使う野菜を作ると言っても家庭菜園程度の収量しかない。まして家庭菜園を長くやっている方にはとうてい叶わない農力?だ。でもいつも「農」のある暮らし、「農」と共にある暮らしを楽しみたい。
帰ってから7時までかかって苗を地植えした。残っているスペースには何を植えようかな・・・しばらく種苗通いが続きそうだ。
Img_2178


Img_2181


|

« プラム・ヴィレッジからのお客様 | Main | 満月瞑想会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/59643492

Listed below are links to weblogs that reference 夏野菜の種苗選び:

« プラム・ヴィレッジからのお客様 | Main | 満月瞑想会 »