« 満月瞑想会 | Main | 干し柿作り »

November 08, 2014

バスツアーのお客様

瞑想会の夜はたいてい寝るのが遅くなる。でも翌日は大型バスのツアーのお客様をお迎えすることになっていたので朝、早くから掃除機をかけお座敷を片付けた。
浅草橋にある朝日生命成人病研究所付属病院の患者さんのネットワーク「あさひ会」の皆さんによるバスハイクで、佐倉や成田山などをバスで回り、お昼に風楽に立ち寄っていただけるという小旅行だ。
参加される方は糖尿病の方が多いので、食事制限などがあるため、事前に病院の方たちが下見のお食事にいらっしゃった。栄養士さんともメールで何度かメニューについて打ち合わせをし、カロリー計算などしていただいた。
厳格な糖質制限食にする必要はないけれど、野菜中心でできたら出汁を生かして減塩でというご希望だった。メニューはグルテンミートとおからのハンバーグきのこソース、根菜と漉き昆布の煮物、わかめの豆乳寄せ、生野菜サラダ、ピクルス、重ね煮のお味噌汁、天草から作る寒天。
基本的には風楽の定番メニューとそれほど大きく変わらないが野菜の他には海藻やおから、きのこ、寒天など、カロリーの少なめのものを盛り合わせた。天草から作る寒天はとても美味しいが、煮るのに時間がかかるので、前日から大ナベいっぱいに天草をぐつぐつ煮て仕込んでおいた。
風楽のご飯は野菜中心の玄米ご飯だけれど、糖尿病の方だけを対象にしたお食事作りをしたことはないので、栄養士さんとのやり取りなどを通して細かい所までメニューを考え、とても勉強になった。
当日、風楽での滞在時間はだいたい1時間半ほど。その短い間に、40名近くの方のお食事の配膳とデザートとコーヒーをお出ししなければならないので、ご飯とお味噌汁以外はあらかじめ机の上に並べさせていただいた。そしてお茶やご飯、お味噌汁などをお出しする時は、病院のスタッフの方たちがお手伝いをして下さったので助かった。
思ったよりも年配の方が多かったので、グルテンミートなどお口に合わないのではないかなと心配だったけれど、ご飯以外はほとんど残ったものがなくて、皆さんから美味しいと言っていただいて嬉しかった。
健康上の理由で外食ができない方たちも安心して入れるお店として風楽を活用していただけたらと思う。
それにしても1時間半で40名の方をお迎えしてお食事をお出ししお見送りするというのはかなりのスケジュール。料理の写真を写している暇もないほど充実した一日だった。

Dsc04919


Dsc04918


|

« 満月瞑想会 | Main | 干し柿作り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/60626558

Listed below are links to weblogs that reference バスツアーのお客様:

« 満月瞑想会 | Main | 干し柿作り »