« 今年最初の料理教室 | Main | 千年の一滴 だし しょうゆ »

January 22, 2015

フォン・デグォンさんの「Life is Peace」上映会&トーク会

韓国の「生命平和運動」活動家のファン・デグォン(黄大権)さんをナマケモノ倶楽部辻信一さんがインタビューしたドキュメンタリー映画「Life is Peace」の上映会とファンさんのトーク&交流会に参加してきました。
ファンさんは留学先のアメリカから帰国したその日にスパイ容疑に仕立て上げられ拘束。無期懲役の判決を受け特赦によって釈放されるまで13年間牢獄生活を送らされました。
拷問を受け、神さえ信じられないと思った時、小さな雑草を見つけ、そこから生きる希望を見出していきます。
足元に生えていた小さな花や雑草をスケッチした手紙を獄中から妹に送り、後にそれは「野草手紙」として出版され韓国のベストセラーになったそうです。
釈放後、アムネスティの招きでヨーロッパに渡り、農業生態学を学び、現在は執筆活動をしながら自給自足のコミュニティ「生命平和マウル」を韓国の山奥に建設し、エコロジーや平和運動を展開されています。
無実の罪を着せられて絶望のどん底にあっても、相手を恨むことなく、瞑想と祈りと共に生き、マイナスのエネルギーをプラスに変えていこうというファンさんの生き方にとても共感し、いろいろなことを考えさせられました。
ファンさんの瞳は悲しみに憂いているようにも見えるけれど、そこには、はかりしれない優しさがあると感じました。
生と死の淵を彷徨い続け、この世の地獄を見てきたにもかかわらず「いのちの本質は平和である」と言えるつよさはどこからくるのでしょうか。
とてもいい作品だったので、いつか辻さんやファンさんを古民家にお招きして、「Life is Peace」の上映会をし、みなさんと一緒に命や平和、自然について考えていけたらと思っています。
Fan


Fan2


Securedownload


|

« 今年最初の料理教室 | Main | 千年の一滴 だし しょうゆ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78167/61011379

Listed below are links to weblogs that reference フォン・デグォンさんの「Life is Peace」上映会&トーク会:

« 今年最初の料理教室 | Main | 千年の一滴 だし しょうゆ »