February 22, 2016

谷田学 経絡ストレッチセミナーに参加してきました

潮来にあるナチュラルショップ「くるむ」で行われた谷田学先生の経絡ストレッチセミナーにこの土日、お店をスタッフに任せて参加してきました。
鍼灸師だけど鍼を使わない治療をしている先生です。
東洋医学の視点に基づき、相手の体に手を当て同調することで力をゆるめ体を整えていく施療を実践していらっしゃいます。
そのセミナーがとても面白いと評判をよび、施療の合間に全国各地に呼ばれてセミナーを行っています。
今回私が参加したのは「経絡ストレッチセミナー」というもの。
陰陽五行の思想を基本に経絡を意識しながら行うストレッチです。
谷田さんが手を添えてくださることで、意識ではもうこれ以上曲がらないと思っていた体がゆるんで溶けてふわ〜っと曲がったり伸びたりしてしまうのです。
筋力や力で動かすのではなく意識や体の中に眠っている感覚を呼び覚まして動きたい方向に伸びていく・・・。
西洋のOSではなく東洋のOSはイメージの世界。
頭で考えるのではなく、イメージをいかに広げていけるか、正解や不正解にとらわれず自由にしなやかでいられるよう経絡という体からのアプローチを通して自分を観つめるセミナーでした。
私は背中が張りやすく、特にこのところ肩甲骨周辺にほぐれないコリがあり、また五十肩になりそうなのですが、陰陽五行的にみると金のエネルギーが強く肺大腸の経絡が滞りがちのようです。
臓器ごとに経絡を意識しながら谷田さんと一緒に体を伸ばしていくのですが、その時、自分の体が一つの柔らかなボールのようになれたら、とてもいいリリースができます。
体が解放されることで心も解放され、中には泣いたり笑ったり叫んだりする人もいました。
でも抵抗したり力んだり、痛みを意識したりすると動き(変化)がそこで止まってしまうのです。
自分を空っぽにして力を抜き、明け渡すことで、ふわっとした何かが入ってくる・・・のですが、どうも私は自我が強く、この明け渡すという作業が苦手なようです。
諸々のことを背負い、頑張りすぎてしまう自分とまたしても出会ってしまいました(笑)。
谷田さんは毎回一人一人のストレッチの導師として体に手を添え、隣りに立っていてくださるのですが、決してクライアントを直視しません。
どこかぼんやりと虚空をみつめ微笑んでいるのです。
当然ながら押したり動かそうとしたりもしません。
ただただそこにいる・・・。
体の中に天と地をつなぐ長〜い柱を一本立てて、意識するのは丹田だけ。
自我をなくして相手と同調されているそうです。
その状態で相手の変化を待っているのですが、いかにも待っているというのではなく、ただそこにふんわりと寄り添っているという感じです。
それがなんとも心地よく柔らかい気配を醸し出していきます。
そして動きが出てきても出てこなくてもオッケー。
そのままを受け容れている・・・それがとても温かくもありクールでもあり、とても居心地のよいものでした。
自由に生きているようでいて、最後までゆるめない根っこのようなものがある自分。
潜在意識では自分と相手との境界線を思っている以上に意識しているのかもしれません。
そんな自分を観察し根っこがどう変化していくのか、これからもこの体を味わい続けていきたいと思いました。
やっぱり人の体って本当に面白いですね。
そして今回、このセミナーに参加した目的はもう一つあって、古民家で谷田さんのセミナーを開催できないか直接お会いしてご相談したかったのです。
この地域での開催は初めてでまだまだ谷田さんを知らない方が多いですが、古民家のお座敷で谷田さんと皆さんが集まったらきっといい気の流れる素敵な時間になるだろうなあと確信しています。
とりあえず日程は4月の27日28日の二日間(10時から5時30分まで)。
一番最初なので、まずは「陰陽五行セミナー」基本編応用編(座学)を開催し、順を追ってこの経絡ストレッチセミナーなどにつなげていけたらと思っています。
詳細はもう少ししたらアップしますが、宇宙と体と食べ物と生き方をつなげたとても面白いお話を聞かせていただけそうで楽しみです。
とってもオススメですので、ぜひご参加くださいね!
谷田先生のブログもまたすごく面白いので覗いてみてください。
http://ameblo.jp/389navi/
Img_3348


Img_3351


12734016_726347204167038_6856503171


Img_3359


Img_3356


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2015

万能酵母液作り方講習会に参加してきました

特別な宣伝もしていないのに口コミだけで全国に広がり、万能酵母液の講習会をやっている堂園仁さん。
玄米酵母や玄米酵素、そして玄米乳酸菌など、玄米を発酵させてよりよい状態で体に取り入れたいと思っている人たちが今、急激に増えています。
私もいろいろ実践していますが、堂園さんのお話も一度お聞きしたいとずっと思っていたところ、ようやくタイミングが合い昨日、参加してくることができました。
堂園さんは均整術の整体師でもあり熊本で天然酵母の「天使のパン」屋さんをやっていらっしゃいます。
自家製天然酵母液をアレンジしたら、体にも環境にもいいことづくめの魔法の液体ができました。
今、それはパン種だけでなく腸内を整え健康を願う人たちの間で急激に広がっています。
なんと言っても玄米と水と塩と砂糖だけあれば誰でもできるのですから。
堂園さんは声にも張りがありとてもパワフル。
あっという間の2時間半でした。
とてもよかったのでぜひ風楽にも来ていただきたいとお願いしたところ、来年3月23日(水)10時から風楽でランチ付きの講習会をしてくださることが決まりました(その前はスケジュールがいっぱいで無理でした)。
本当に体によくて誰にでもできる健康法です。
私もさっそく仕込みましたので欲しい方にはお分けしますね。
詳細は後日アップしますが、興味のある方、今から予定を空けておいてくださいね!
Img_0017


Securedownload


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2015

家庭でできる足もみ健康法

今日は若石セラピストの河野愛子さんをお迎えし、家庭できる足もみ健康講座の2回目を開催しました。
おさらい会を兼ねて前回参加してくださった方と、初めての方が一緒になって改めて足裏を反射区ごとにチェックしました。
もうすぐ80歳になるという知り合いのおばあちゃまも参加され、その前向きさとお元気さで皆さんの良きお手本になってくださいました。
西洋医学や薬に頼ることなく自分でできる健康な体へのセルフケアをもっと積極的に取り入れていきたいですねと皆さんとお話しました。
臓器の反応で話題になったのはパンやパスタなど、小麦食品の食べ過ぎによる小腸はじめ消化器官の詰まり。
私もそうですがパンが大好きなのでついつい食べ過ぎてしまいます。
その結果、水分を含んだ小麦粉は腸壁にこびりつき、消化も悪いので腸の動きを妨げてしまうようです。
そういう人の足裏は小腸はじめ消化器官の反射区にどこかしらグリグリとしたしこりのようなものがあります。
自分の食習慣が足裏にもしっかり現れてしまうのですから、人の体って正直ですね。
今日も愛子さんはお一人お一人にじっくりと向き合い、いろいろなアドバイスをくださいました。
次回は1月20日(水)にまた同じ内容で足もみ健康講座を開催します。
お正月に食べ過ぎて疲れた胃腸を足からケアしていきましょう。
Dsc06833


Dsc06840


Dsc06846


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2015

月の遠近カレンダーのお話会

今年最後の新月が明けた夜。
月の遠近カレンダーのお話を開催しました。
新月と満月が地球に近づく距離には一定の周期があります。
それを意識しながら暮らすことで月の神様から時流に乗る後押しをいただけるかも!?・・・そんなことをもう20年近く研究されているムーンウェーブのパイオニアのお二人を講師にお迎えしました。
「暦の月之家」の星川芳人さんと教育研究家松永暢史によるお話会は、20人ほどのメンバーと一緒に月についてじっくり考えるよい時間となりました。
一般に言われている満月は活性化、新月は鎮静化・・・というとらえ方だけではなく、地球と月の距離感を知ることによって、より私たちの心と体に与える影響を意識化することができます。
正直なところ、一度聞いただけでは全てを理解することができませんでしたが、毎日の暮らしの中でこのカレンダーと一緒に月の位置に想いを馳せることで、何かが変わっていくのかもしれません。
来年は美しい月の遠近カレンダーと一緒によい時間を重ねていきたいと思っています。
月の遠近カレンダー引き続き、風楽で販売中!
ご希望の方、ぜひどうぞ!
Dsc06806


Dsc06809


Dsc06815


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 09, 2015

桐島ノエルクンダリーニヨガワークショップ

今日は桐島ノエルさんのクンダリーニヨガのワークショップ。
朝から障子と襖を外し座卓や椅子を縁側に出し、お座敷を広くして会場作り。
昼前にノエルさんとサポーターのエミちゃんをお迎えに。
なんだか初めてお会いしたとは思えないほど笑い声にあふれる楽しい車中。
お昼にカレーとコーヒーをお出しして届いた備品や銅羅を並べて会場の準備。
今日はとてもいいお天気だったので雪見障子から冬の西日がお座敷に差し込みキラキラととてもキレイでした。
そのガラスの前に座っているノエルさんの体にも光が通り抜けて広がっていくように見えました。
ノエルさんにならって?私も急きょ白い上着とパンツに衣装替えし即席クンダリーニヨギーニ?に変身!
今回のテーマは一年の締めくくりにふさわしくハートのチャクラを整えるクリアを用意していただきました。
アーサナは難しいものではありませんでした。
でも小さなアーサナの繰り返しの中で何か深い部分での変化が体にあったのでしょう。
最後は銅羅の音を聴きながらシャヴァーサナをするのですが、音の響きが回旋しながら押し寄せてくる波のような感じられ、その後、まるで光の粒がパラパラと落ちてくるかのような感覚を味わいました。
終わった後、バンクーバーからノエルさんが買ってきてくれたお菓子を回しながらヨギティを飲みみなさんと一緒に車座になってシェアタイム。
わきあいあいとしたいい時間が流れ幸せなひと時を過ごすことができました。
ノエルさんエミちゃん参加してくださった皆さんありがとうございました。
Dsc06677


Dsc06691


Dsc06695


Dsc06699


Dsc06701


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 25, 2015

家庭でできる足もみ健康法

今日は「家庭でできる足もみ健康法」と題して、若石セラピストの河野愛子さんを講師にお招きし足をもむことでできるセルフケアについて教えていただきました。
人の体の中にある血液は重力によって約7割が下半身に集まります。
その中でも乳酸、尿酸、炭酸、リン酸カルシウムなどの老廃物は足の裏に溜まるため、足裏をマッサージすることで代謝がよくなり、老廃物が尿として排出されていくということです。
私自身、足マッサージは大好きなのですが、その中でも痛いと言われているこの若石がなぜ好きかと言えば、痛いけれど施術後に体がすっきりするからです。
同時にまだ体には病名として感知されていない未病が、まず足の反射区などにあわわれ、自分の体の状態を知る一つのバロメーターにもなるからです。
今日は足裏から膝下にかけて64箇所ある反射区のうち代表的なものを20箇所選んで、具体的な場所と揉み方を指導していただきました。
参加された方たちも「痛い〜!!」と叫んだり「ここが痛いなんて!?」と驚いたり、はたまた人が痛がっている姿を見て笑ったり・・・それぞれの反射区ごとの反応の違いが実感できました。
今回は第一回目だったので、昼食をはさんで河野さんの方からお一人10分の無料施術もサービスしていただきました。
老廃物がたまり流れが滞っている場所を全員チェックし、今日の実習を元にご家庭でセルフケアしていただけたらいいなと思っています。
なお12月17日(木)には復習会も予定しています。
今回参加された方は1500円(おむすびランチ付)で参加できます。
初めての方は3000円(おむすびランチ付)、終わった後、ご希望の方はお一人500円で体験施術(10分)ができます。
セルフケアの成果も確認できるので、これから毎日行う足もみ?の励みになりそうです。
ぜひ続けてご参加くださいね。
Dsc06419


Dsc06421


Dsc06424


Dsc06422


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2015

ユミさんの個性筆教室

風楽で初めて行ったユミさんの個性筆教室。
字を書くことが大好きな私も一緒に参加させていただきました。
同じ字を書くにしても、縦線や横線を太くしたり細くしたりと変化させながら書いていくと、あらあら不思議。
どんどん字に表情が表れ、時に踊りだしたり笑ったり・・・勝手に動き始めていくんです。
決して上手に書こうとか、カッコよく決めようとかではなく、自分が天とつながり、そこで感じてたものを筆に下ろして楽しく書いていこうというワークショップです。
ユミさんのファシリテートを横で見ながら、私もいろいろ学ばせていただきました。
温和で全てを受け入れできないことを否定しないユミさんの視点はとってもあったか。
鬱を経験し苦しみながらも、人の輪の中に交わり、人の手の温もりと共に再生してきたご自身の体験があるからこそ語れる言葉がそこに散りばめられていました。
だからユミさんは元看護師で今は病棟からは離れてしまったけれど、てくてくとあちこちに出向きながら人に癒しを届ける心のナースなんだなあと思いました。
光の差し込むお座敷でお香を焚きながら、穏やかな時間を過ごさせていただきありがとうございました。
みなさんが今日書いたこの字がハンコになって届くなんて楽しみだなあ!
Dsc06379


Dsc06377


Dsc06381


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2015

月の遠近カレンダー発売中!

成田から生まれた月の遠近カレンダーができました!
MOON WAVE PROJECTからの発信です。
とてもおしゃれなデザインで月の満ち欠けだけでなく、月と地球の遠近も一目でわかります。
月と地球の距離が近づくと人間にも様々な影響があります。
日々、月の動きを意識しながら暮らしていくと、心と体の変化や何かのタイミングや人生のバイオリズムにも敏感になりそうです。
製作者の望月さんはデザイナーですが、バンブースピーカーを作ったり月やカタカムナの研究をしたり大豆の自給をしたりと多彩な人です。
いずれは古民家で月と暦と人との関係について、またその時々の暮らし方について、月の遠近カレンダーをベースにお話会をしていけたらと思っています。
まずはこのカレンダーをお部屋に飾って、2016年から月を身近に感じる暮らしを始めていきませんか?
風楽でも販売しています。一冊2000円。ぜひどうぞ!
http://moon-wave-project.com

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 31, 2015

若石足裏教室開催します!

足の裏には64ヵ所にもおよぶツボのようなものがあって、滞っている所や、疲れてしまっている臓器などカラダの状態が足裏に投影されています。
角質が厚くなっていたり、押すと痛かったり、外反母趾気味だったり、爪が変色していたり・・・。
でもそれは体の中のどこかがツライよ~疲れているよ~!と教えてくれるバロメーターにもなっているのです。
若石健康法の手法を取り入れながら家庭でできる足裏のセルフケアをマスターし、足元から健康を見つめ直してみませんか?
足裏を刺激することによって老廃物を排出して血行をよくしましょう。
参加者全員に河野さんから直接施術していただく10分ほどの足裏マッサージ体験付き。

▪️日時:11月25日(水)10時から12時
▪️指導:河野愛子
    若石リフレクソロジー&スクール月花主宰
▪️参加費:2500円
▪️申し込み:電話かメッセージでご予約ください。
*セルフケアの際にあると便利な足もみ棒(1652円)をご希望の方に当日販売します。
*終了後、おむすび&お味噌汁(500円)のご用意もあります。
Img002


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2015

桐島ノエル クンダリーニヨガワークショップ

12月にバンクーバーから一時帰国される桐島ノエルさんを古民家にお迎えすることになりました。
クンダリーニヨガ指導者として滞在中、各地でワークショップを開催されます。
その一環として古民家でもワークショップをやっていただけることになりました。
冬至前のひと時、古民家で静かな時間を過ごしませんか?

桐島ノエル クンダリーニ・ヨガ ワークショップ
Open The Heat
〜ハートをひらいて愛を呼び込むヨガ〜

冬至が近づいてきました。
元々は冬至のお祝いであったクリスマス。
一年で一番夜が長いこの日を乗り越えれば、また日が伸び新しい年が始まります。
無事に過ごすことが出来た一年を振り返り、愛する人たちへの感謝の気持ちと、新しい年への希望に満ち溢れた特この季節。
悲しみやトラウマ、愛情と喜びに深く関係しているといわれるハートチャクラに働きかけるアーサナと瞑想を通して、この聖なる時期を一緒に祝いませんか?

クンダリーニ・ヨガは、その身体的な要素に加え、マントラ(真言)やナード(音楽)、ムドラ(印)、メディテーション(瞑想)などを取り入れた非常にディープで癒し効果の高いヨガです。特に、内分泌系(ホルモン)バランスを整え神経系を強化するのに役立つと言われています。
銅鑼(ドラ)を使ったリラクゼーション、マントラを唱えながらのメディテーションなどヨガのポーズはちょっと苦手という方でも気楽に参加できるヨガです。
心と身体を「繋ぐ」ヨガ、是非お試しください

【桐島ノエル】
「OH!エルくらぶ」司会者としてデビュー。
テレビ、雑誌、翻訳など幅広く活躍。
1997年にバンクーバーに移住、アロマセラビー、ヨガを学ぶ。
KRI(クンダリーニヨガ)認定ヨガ講師、ヨガアライアンス認定ヨガ講師
著書に「ママと子供の毎日ヨガ」(主婦の友社)等。


《日時》2015年12月9日(水)13:00受付
      13:30〜15:30
《参加費》 5000円(ティータイムお茶菓子付)
《場所》 古民家空間風楽
《持ち物》動きやすい服装・ブランケット
《申し込み》 電話かメールでご予約ください。
    0476−36−1960
    info@fura-organic.com

Img_7994_14m


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧