February 01, 2016

佐藤初女さんありがとうございます

とても悲しいニュースが入りました。
私が心から敬愛し、そのお姿を通して食の仕事の素晴らしさを教えていただいた佐藤初女さんが94歳でお亡くなりになりました。
70歳を過ぎてから岩木山麓に「森のイスキア」を開きました。悩みを抱えて訪れる人たちを手作りのお食事でもてなし食卓を囲みながらゆっくりお話をする・・・その温かさと優しさに触れ、死にたいと思っていた人がどれほど救われていったことか・・・。
イスキアの存在を映画「地球交響曲」で知って以来、初女さんの講演を聞きに行ったり著作を読ませていただいたりして、いつか初女さんに店に来ていただきたいとお手紙を書きました。
「必ず伺いますから待っていてくださいね」とお返事をいただき待つこと数年。
2007年の秋、ようやく風楽(まだ移転する前で宗吾霊堂前にお店があった頃です)に初女さんをお迎えすることができました。
今からもう10年近く前のことになります。
成田で一泊されたので、前日の夜はスタッフを交えて内輪の交流会を開催し、講演の後には特別におむすびも握って下さいました。
立ち見の方もいらっしゃるほど人数が多かったので、できあがったおむすびは1個を3人で分けて皆さんに召し上がっていただきました。
本当にお米が一粒一粒ふっくらとしていて優しい想いが伝わってくる美味しい(と表現するにはあまりにも言葉が足りないのですが)おむすびでした。
一つ一つの動作をとても丁寧に想いを込めてゆっくり行う初女さん。
ごくごく当たり前の普通のことをとても大切に心を込めて・・・。
ちょっと前に田口ランディが初女さんとの交流について書いた「いのちのエール」を読んだばかり。
改めて初女さんの言葉を思い出し、ランディさんの書かれている文章一つ一つを頷きながら読みました。
そして食べものを通してもっともっと根源的なところに向き合える人になりたいと思いました。
敬虔なクリスチャンでもある初女さん。
映画に出演されてからは忙しくなり教会にはあまり通うことができなかったそうです。
でもイスキアで活動していることそのものが祈り、もっと言うならば生きていることそのものが祈りなのだと話されていました。
食べものは人に生きる力を与えてくれます。
心を込めて作られたものには愛があり、それは人の気持ちを優しくしてほぐしてくれます。
そんな食の仕事に携わることができ、ああなんて私は幸せなんだろうといつも思っています。
とてもとても近づくことはできませんが、私も初女さんの想いをきちんと受け留め、それを受け継ぎ、人の心に愛を届けられる人になりたいと思いました。
ようやくお役目を終え、神さまの元に旅たつことができた初女さん。
長い間、本当にありがとうございました。
*画質が悪いのですが懐かしい写真を引っ張り出してきました。
前の店のスタッフと初女さんを囲んで。
そして店の講演会でおむすびを作ってくださった初女さんです。

Dsc01764


Dsc01758


Dsc01765


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2016

謹賀新年 2016年

あけましておめでとうございます。
温かく穏やかに迎えた新年、どのようにお過ごしでしょうか?
昨年はみなさまに大変お世話になりありがとうございました。
美味しく体に優しいお食事を作らせていただくことが私の仕事の中心ではありますが、食だけでなく、心と体を本当の意味で元気にしていくために何ができるだろうかといつも考えています。
人と人とが出会い、互いに学びながら、より楽しく美味しい時間を創っていけるよう、これからいろいろなイベントも手がけていけたらと思っています。
今年も古民家にたくさんの方が来ていただけますように。
幸せな時間を重ねていくことができますように。
どうぞよろしくお願い致します。
*年賀状の習慣をやめていますので返信なきことをお許しください。

_dsc2799


_dsc2815


Dsc02033


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2015

足踏み脱穀機で脱穀〜もみすり

今日は店の後、自給教室の倉庫で黒米の脱穀。
今回は機械ではなく足踏み脱穀機を使う。
最初は私が踏み陽子さんが稲穂を差し込みパラパラと籾がらを外していった。
次はマルちゃんが踏んで私が差し込み役。
ペダルを踏み続けるのは案外重労働で、自転車で、坂道を登ってるみたいだった。
でも、茎やら葉やらゴミが多く混じってしまい、そのままでは籾摺り機に入れられないので唐箕でゴミを飛ばしてからようやく籾摺り(二度擦り)。
機械に比べると、手作業は時間がかかるなぁ〜。
家に帰ったのは8時になっちゃったけど、結局、全部の黒米は籾摺りまで終わらなかった!

Img_3060


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2015

イベント案内 「Be the cange!  地球一個分の暮らしへ」  

今日、詳細が決まったばかりの月末の古民家のイベントご案内です。

「Be the cange!  地球一個分の暮らしへ」  
元小平市議で緑の党で活動している村松まさみさんを古民家にお迎えします。
三宅洋平さんと一緒に、今年、ニュージーランドで開かれた「アジア太平洋 緑の党連盟大会」に参加してきたので、その報告会を行います。
戦争がない状態だけでなく、貧困・飢餓・差別のない、お互いの幸せと未来の地球のために話し合い協力し合う、そんな社会をつくりたいという思いは誰もが同じはず。
世界と繋がりながら私たちができることについて、一緒に考えませんか? 
リオデジャネイロの環境サミットで感動的なスピーチをした12歳の女の子のその後を描いた「セヴァンの地球のなおし方」のDVD鑑賞会をした後、まさみさんの報告を聞き、私たちにできることを考えてみませんか。
日時:10月30日(金)17:30〜19:30 ミニDVD鑑賞会
            19:45〜20:15 村松まさみ報告会
    その後、シェアタイムを設けますのでご一緒にどうぞ。
参加費:おむすび代500円

Dsc05621


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2015

何年に一度かの夕陽?!

ちょうど古民家で、たまっていた事務仕事をしている時だった。
すりガラスの窓がオレンジ色に染まり、その色がお座敷にまで広がってきたので、カメラ片手に庭に飛び出した。
ああなんて綺麗な夕陽!
空の色が刻々と変化していく様子を庭に立ってぼーっと眺めていました。

Dsc05966


Dsc05958


Dsc05975


Dsc05962


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2015

田植えしてきました!

今年、念願の田んぼをやることになりました。
と言っても全くの素人なので神崎の自給教室の仲間に入れていただき、校長であるはかせの指導のもと、自分で食べる分の一部が作れたらいいなと思っています。
一人でもやるつもりでいたのに、いつのまにか一緒にやってくれる仲間が集まって、5人で2枚の田んぼを借りました。
小さな規模なので手植えと手刈りです。
それぞれが忙しいので全員が一度に集まるのは難しそうですが、自分のやれる時間にやれることをそれぞれのペースでやれらいいなと思っています。
今日の先発隊はサオリンとヒロコさん。
草取りが事前に終わらなかったので、日中は草取りをしながら3本ほど先に田植えをしておいてくれました。
ヨウコさんと私は店が終わってから田んぼに直行。
はいていた長靴は歩くのにまどろっこしいので裸足に。
モンペもたくし上げたのですが、いつのまにやら下半身はビショビショ。
でも無様な姿で健闘した結果?今日の目標であった1枚分の田んぼの草取りとコシヒカリの田植えは6時半頃に終了。
でも自分の植えた稲が本当に定着してくれるのか、ちょっと心配?!
それに草が完全には取りきれていないので、田植え後もしばらくは草取りに追われそうです。
残るはもう1枚の草取りと黒米の稲ができてからの田植えです。
まあどこまでやれるかお楽しみ。
収穫の暁には5人で同じ釜の飯を食いたい!と今から楽しみにしています。
Securedownload


Securedownload_2


Securedownload_3


Securedownload_4


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2015

孫とお散歩

孫と桜満開の歩道をお散歩。
フルタイムで働く娘に代わって、時々保育園のお迎えを頼まれる。
ちょっと早めにお迎えに行ったのは、夕方、一緒に桜を見に行きたかったから。
と言っても目的地までのわずかな距離も真っ直ぐには歩かない。
花を見ては手折り、石ころを見ては拾い、車が通るたびに振り返り、時々だっこもせがまれる・・・。
長男の幼い頃に瓜二つの孫を追いかけながら、こんなふうにのんびり子供たちと過ごした時間もあったんだなあと懐かしい時代を思い出す。
今は桜の花びらを握りしめているその小さな手で、これから何をつかんでいくのだろう。
キミの未来が楽しみだね!

Dsc05337


Dsc05346


Dsc05349


Dsc05361


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2015

古民家に咲いた小さな河津桜

古民家に河津さくらが咲きました!
古民家には梅の木は3本あるのですが桜の木はありませんでした。
いつか古民家のお座敷から満開の桜のお花見ができたらいいなあ、桜の木がほしいなあとずっと思っていました。
昨年、NPO成田さくらの里の方とお知り合いになり、桜の苗木を4本分けていただくことができました。
その後が大変!
何しろ篠竹の根っこがはびこるガチガチの土、スコップも歯が立ちません。
大汗かきながら鍬で穴を掘ってようやく植樹。
それでもこの硬い土に根付くかなと心配していました。
そして一年。
まさかこんなに早く桜の花が咲いてくれるなんて・・・。
まだまだ小さな苗木ですが、これからの成長が楽しみです。
春一番の開花は河津桜。
お隣りに植えた啓翁桜のつぼみもほころんでいました。
ヘロヘロになって穴を掘ったかいがあった〜。
Dsc05312


Dsc05314


Dsc05316


Dsc05318


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2015

My Birthday

My Birthday
たくさんのお誕生日メッセージ、ありがとうございました。
それぞれの方に個別にお礼をお伝えできずごめんなさい。
明日、団体のお客様をお迎えするので、今日はその準備に追われ先ほど終わったところです。
誕生日の節目を振り返るよりも、明日の仕事の段取りで頭の中はいっぱいで・・・
いつのまにか一日が終わろうとしています。
55歳。
人生の折り返し地点はとうに過ぎ、決して若くはないけれど、それでもまだ老後というには早すぎるこの季節・・・。
このところ古神道、ネイティブ、再生、カラダ、中心、つながり、お役目・・・そんな言葉がなんどもシンクロして自分のまわりに降りてきます。
それらの言葉がこれから迎える時間に対して、なんらかの指針となっていくのは確かなのでしょう。
生かされている命の神秘を感じつつ、その命に感謝し、いかに輝かせていくことができるのか・・・またそれを探りながら駆け抜けていく一年になりそうです。
ご縁をいただいて共に同時代を生きている皆さん、これからも宜しくお願いします。

Dsc08456


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2014

平和を考える集い

終戦記念日の夜、 green birds cafe主催の恒例イベントとして古民家で戦争体験者のお話を聞く「平和を考える集い」を行った。
今回の語りべの方は成田市内に住んでいらっしゃる84歳の女性Tさん。Tさんは15歳の時、東京大空襲を経験された。赤ちゃんの妹を背負い、両手に幼い妹たちの手を引きながら、命からがら逃げてきた経験をされた。
はぐれたお父様を何とか見つけようと姉妹一緒に「夕焼け小焼け」の歌を歌いながら焼け野原を彷徨った末、その歌声を聞いたお父様が「あの声は娘たちだ」とわかって再会できたそうだ。
泣いたことのない厳しいお父様のおいおいと泣き崩れる姿をその時、初めて見たとか。
もう細かい固有名詞や地名は忘れてしまったと言いながらも、とても鮮明なご記憶を持っていらっしゃり、あんな経験は二度としたくない、戦争を決して起こしてはいけない・・・と強く語って下さった。
今回は全員で13人というこじんまりとした集まりだったので、終了後、Tさんを囲んでご用意したすいとんを食べながら、自己紹介を兼ねて、参加者一人一人の感想を話していただいた。
Tさんは成田市政にも積極的に関わり、駅前再開発や病院の設置など、成田市に向けて要望をお伝えしているそうだ。80歳を過ぎて一人暮らしになっても、自分の住む地域をよりよいものにしていこうとする姿勢を持っていらっしゃり、たくさんの刺激をいただいた。
知らず知らずのうちに戦争のできる国に向けて仕組まれていくようで、ここ数年の日本はとても不穏な時代を迎えているが、私たち市民が一人一人平和を守るという意識を持つと同時に、声を上げていかなければと改めて思った。


Dsc04418


Dsc04420


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧