December 11, 2015

明日は月の遠近カレダーのお話会です。

今日の雨と風は台風のようでしたね。
しかも驚くほど生ぬるい陽気!
久しぶりに靴下をぬぎ、季節はずれの汗をかきながら?厨房で仕事をしていました。
昨日、今日と夜はNIRINJAN KAURのマントラのCDを流しながら久しぶりに小説を読みふけっています。
今日は射手座の新月。
キーワードは自由、冒険、精神性、真実の追求、学び・・・さて何をお願いしましょうか。
明日は月の遠近カレンダーをめぐるお話会です。
(詳しくは風楽のサイト 12月12日のイベント案内を参照ください)
月と人との関係をずっと研究されてきた松永暢史さんと星川芳人さんはカタカムナにも詳しく、いろいろな方面から面白いお話が聞けそうで楽しみです。
まだ空きがありますので、急にお時間ができた方、興味のある方、飛び入り参加もOKです。
終わった後の交流会では皆さんの持ち寄りご飯を囲んで美味しい時間をご一緒しましょう!
Dsc06528


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2015

天国はつくるもの上映会&てんつくマンお話&交流会

天国はつくるもの上映会とてんつくマンのお話と交流会
10年近く前に見て感動した映画がDVD化されたのを機に、まだ見てない人たちや若い人たちにも見てほしいなと思っていました。
どうせ企画するなら私ではなく若者の方がいい。
てんつくマンに出会い生きる力をもらったというスタッフのヒロミちゃんにやってみない?と声をかけたところ、迷いながらも「やります」という返事。
以来、3ヶ月。
ヒロミちゃんが一生懸命準備をし、上映会とてんつくマンのお話の会を開催することができました。
昼の第一部の上映から夜の交流会までという長丁場。
てんつくマンから何かを吸収しようと来てくださった方たち(一番遠くは岡山から!)の熱い思いが古民家に集まりました。
たくさんの方たちが協力してくださってできあがったイベント。
ここからまた「動けば変わる」のキーワードを胸に、自分の周りを天国にしていく人たちが生まれてくることでしょう。
みなさん、ありがとうございました。
ヒロミちゃんおつかれさま〜。
Dsc06651


Dsc06641


Dsc06650


Dsc06656


Dsc06667


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2015

小さき声のカノン 上映会

昨日は成田市議会議員の素子ちゃんと一緒にgreen birds cafeのイベント鎌仲ひとみ監督「小さき声のカノン」の上映会でした。
いつも通りできる限りの告知をしてきたのですが、今回は本当に参加してくださる方が少ない上映会となり残念でした。
作品は3.11後も福島で生きることを選択した二本松市内のお寺のご夫婦を中心に広がっていった「ママレンジャー」の活動や北海道での保養ステイの様子、チェルノブイリのその後などが丁寧に撮影されています。
幼い子を抱えながらも福島に留まる以上、少しでも被曝を少なくしようと、汚染されていない野菜を手に入れたり、通学路を自らの手で除染したり、学校が休みの時はできる限り時間を作って空気のきれいな地域へ保養に行ったりという日々。
本当にそれでいいのかと自問自答しながらも子供たちを守ろうと懸命に生きているお母さんたちの姿は胸を打ちました。
国の「ただちに問題ではない」というあいまいな対応や都合のよい数値の捏造、そしてこんな状況の中での再稼動。
もう国を信じることはできず、自分の体は自分で守るしかないと動き始めた人たち。
それでも個人でできることには限界があります。
被災者への支援が次々に打ち切られ、本当にこの国は福島を(国民を)切り捨ててしまうだということへの憤り。
決して楽しい作品ではないけれど、原発事故はもちろん、未だに苦しい状況の中で生きている人たちがいるということを忘れてはならないと改めて思わされました。
夜の部上映後のシェアタイムでは人数が少なかった分だけ、みなさん一人一人からの率直な感想をお聞きすることができてよかったです。
同時にこの国の将来を見据えて、私たちが賢い有権者となり選挙を通してやれることをちゃんとやっていかなければという思いを(少なくとも昨日集まってくださった方たちとは)共有することができました。
こんな事故、二度とごめんです!

*写真はプロジェクターの上でくつろぐみーしゅけ。Dsc06389


Dsc06390


Dsc06387


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2015

古民家でてんつくマンと愛がいっぱい望年会

地球に愛の種を蒔き世界中に笑顔を増やしまくっている『てんつくマン』が風楽にやってきます!

併せて、たくさんの感動とみんなが動き出すきっかけを作った映画『107+1 ~天国はつくるもの~パート2』の上映、風楽のオーガニックご飯を囲んでの交流会を開催します。

2015年師走。
一緒に感動を分かち合い、今年一年の自分自身を振り返り、新しい年を見つめる時間を作りませんか?

てんつくマンとはこんな人!
http://tentsuku.com/club/profile.html

自主上映のみにも関わらず総動員数22万人!みんなで創り上げる感動のドキュメンタリー映画107+1 ~天国はつくるもの~予告編
https://youtu.be/4gns0MJMK7w


【日時】2015年12月5日(土) 
15:30〜21:00 (開場15:00)

【場所】古民家空間 風楽
成田市大室750
0476-36-1960
http://fura-organic.com/

【スケジュール】
15:00 開場・受付
15:30 ~17:30 映画上映
17:30~19:00 てんつくマントークライブ『今・ここ・この命』
19:00~19:30 休憩・交流会準備
19:30~21:00 交流パーティ


☆映画、トーク、交流会ごとの参加可能

映画1500円 (定員50名)
トーク2000円 (定員50名)
オーガニックご飯付き交流会2500円 (定員30名) (お酒は別料金)

*通しでのご参加は5000円

【申し込み方法】TELまたはメッセージでお名前、人数、電話番号と参加される内容をお知らせ下さい。

【こんな方にオススメです】
・てんつくマンに逢ってみたい方
・今年一年を振り返り最幸の2016年を迎えたい方
・みんなで一緒に感動を分かち合いたい方
・古民家を味わいたい方
・身体が喜ぶオーガニックご飯を食べたい方  などなど

お帰りはバスがないのでタクシーの乗り合わせになります。
人数に合わせてタクシーを呼びますので受付の際に申し込み下さい。
(成田駅まで3500円ほどです)

尚、12月の古民家は冷えます。
心がポカポカになる1日をつくりたいと思いますが、温かな格好でお越しください。
それでは当日お会いできることを楽しみにしております。
  古民家空間風楽スタッフ一同
Ent_tentsuku


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 16, 2015

個性筆&たまちゃん手作りはんこの会 やります!

私は我流ですが筆を持って字を書くのが大好きです。
風楽のポップやショップカード、チラシなど、いつも自分で書いています。
全く基礎がないのですがワードでチラシを作るよりも手書きの方が早いし「味がある」と思っているアナログ人間なので、多分、これからもそうやっていくと思います。
”字を書くことはとっても楽しいよ!
私が字を書くことが好きなので、そんなことを体験していただくワークショップを企画しました。
ファシリテーターは佐藤由美さん。
彼女を紹介する時、「何をやっている人」とくくるのはとても難しい。
看護師だったりアロマも詳しかったりパステル画も素敵に描けるし、その人に似合う温かな言葉も伝えられる人だし・・・でも私にとって由美さんを紹介する時、一番、しっくりくる言葉は「つなぐ人」。
人と人、人とモノ、人とコト、人と体験、人と魂・・・いろんな繋がりを紡いでいける人だと思います。
そんな「てくてく工房」の由美さんが皆さんと楽しい時間を創ります。
名付けて「個性筆&たまちゃん手作りはんこの会」。
由美さんがその人らしい自由な字を書けるちょっとしたヒントを伝えてくれます。
そしてその字を由美さんの友達「たまちゃん」が消しゴムはんこにしてくれます(はんこは後日製作して発送)。
自分の書いた字が素敵なハンコになっちゃうなんてかなり嬉しいですね!
晩秋の古民家で楽しい時間、ご一緒しませんか?
⭐️日時:11月12日(木)10:00〜13:00
⭐️場所:古民家空間 風楽
⭐️伝え手:てくてく工房 佐藤由美
⭐️参加費:4000円(はんこ製作費込み)
お申し込みはメッセージでどうぞ!
終わった後、ワンプレートオーガニックランチを1000円でご用意します。ご希望の方は合わせてご予約下さい。
参考までに写真は由美さんのはんこ作品。
12167303_735546473218441_1875663294


12167825_735546589885096_2072261781


12166906_735546233218465_1652933536


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2015

「蘇生」上映会 大盛況でした!

蘇生」の上映会。
雨降る土曜日の夜だというのにたくさんの方に集まっていただき、ご一緒にいい時間を過ごさせていただきました。
上映後は「暮らしに生かすEMの知恵」というテーマでアースキーパーネットの高坂早苗さんにお話いただいたり、EMを実践されている方のお話をお聞きしたり、皆さんと楽しく交流させていただきました。
微生物の働きが私たちの健康を支えてくれていると同時に、人類が作った最も愚かなものさえ、浄化していく力があるということがわかり地球の蘇生に向けての希望が持てる作品でした。
参加してくださった方、どうもありがとうございます。そして定員に達したため泣く泣くご予約をお断りさせていただいた方、申し訳ありませんでした。
この場での出会いがきっかけとなり、またどこか別の場所で「蘇生」の上映会が開催されますように。
9月19日に予定しています「千年の一滴」にもぜひまたお越しくださいね!

Dsc06071


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2015

古民家シネマ 「千年の一滴 だし しょうゆ」 上映します!

日本のうまみの素となる「だし」。
そのルーツを探るべく漁師・農家・禅寺・料亭・科学者など「だし」を求める人たちの営みと、日本ならではの麹菌の働きを紹介している日仏合作ドキュメンタリー「千年の一滴」を上映することになりました!
映画館に観に行き、心から感動した私は絶対にこの作品を風楽で自主上映したい!と強く思いました。
ようやく念願かなって上映できることになり、皆さんとこの作品を共有できることをとても嬉しく思います。
地元、神崎の寺田本家も登場しています。
本当に美しく心洗われる作品でした。
風土が食文化を作り、食文化が人を育てていくのだなと思います。
同時にそんな食に携わる仕事をさせていただけることの幸せをしみじみと感じています。
世界に誇れる和食の素晴らしさを改めて見直してみませんか?
⚪︎日時:9月19日(土) 2回上映します。
14時30分開場 15時上映
17時30分開場 18時上映
⚪︎参加費:1500円
⚪︎場所:成田市大室750 古民家空間風楽
    0476−36−1960
    fura-organic.com
⚪︎お申し込み:電話かメッセージでご予約ください。
*なお当日の古民家の営業は2時でクローズさせていただきます。
(C)プロダクション・エイシア/NHK
11865420_738309329630739_1832968093


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2015

くにさきかたち工房 展示会

くにさきかたち工房 展示会
8月7日(金)〜23日(日)の金土日の11時〜15時
  *22日23日は終日作家在廊
古民家で使っている器の大半を、そしてガーデンビオン風楽(現:美音)のオープン当初に揃えたオリジナルプレートやスープ皿などを作ってくれている友人垣野勝司さんの作品展を行います!
震災を機に活動拠点を佐倉から国東半島に移し「くにさきかたち工房」として再スタート。
より自然に近い場所に移り住み、子育てや稲作など命を育む仕事に携わりながら新しい作風も開拓しています。
個性的で魅力ある器たちは風楽でも大人気。
そんな彼の作品が一堂に集まります。
23日(日)15時から「大分半農半陶半島の暮らし」のお話会、17時からは国東の食材も取り入れた食事会を予定しています。ぜひどうぞ!
_igp6363


_igp6376


_igp6393


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2015

古民家シネマ 「蘇生」上映会のお知らせ

3.11以降、被災地を中心に地球を再生させるべく、EM菌など有用微生物を利用して土壌の改良を行っている琉球大学名誉教授の比嘉照夫さんほか、様々な専門家の方のお話と実践を交えながら、これからの地球の方向性を探る白鳥哲監督の素晴らしいドキュメンタリー作品「蘇生」を上映することになりました。
地球最古の生物である微生物たちの働きに注目すると同時に私たちにこれから何ができるか一緒に考えていきましょう。
映画の後、みなさんとシェアタイムを設け交流会をしたいと思っています。
まだ先ですが、今から予定をあけておいてぜひご参加ください!
参加費:1500円(電話かメールでご予約を)
*別途500円でおむすびセットをご用意します。
ご希望の方は合わせてお申し込みください。

6pmgt7q7gz0xy2fzpurquzyjfvyvjfmyj_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2015

韓国からの団体ツアーのお客様

韓国から団体ツアーのお客様。
韓国にある地域アカデミー國際交流情報センターで募集された農業研修ツアーの一環として、まずは-成田空港から大型バスで古民家に立ち寄り昼食をとった後、山梨と静岡を視察されるそうです。
添乗員のユンさんは日本の大学を卒業したので日本の食文化にも詳しい方でした。
日本の食育や有機農業、第六次産業についてもとても関心を持っていました。
地産地消のことを韓国では「身土不二」と言うと聞いてびっくり。
私が行きたくて仕方ない富士宮市のレストランBIO-Sにも行かれるそうです。
いいなあ〜と思わず言ったら「このまま一緒にバスに乗って行きましょう!」。
明日、お店がなかったら迷わず行っただろうなあ・・・・。

Dsc05980


Dsc05983


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧